高齢猫の食事や餌!キャットフードやロイヤルカナンだと食べない?

猫も高齢期に入ったら、

若い頃以上に

食事に細やかな配慮が

必要になってきます。

 

愛猫が7歳を過ぎたら

シニア用の食事に

切り替えていくことをお勧めします。

 

高齢期に入った愛猫は、

歯や内臓が衰えてきますので、

消化の良いやわらかめのフードに

切り替えていくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

高齢猫の食事

 

食べ物に独自のこだわりがある猫も多く、

それまで与えていた

ドライフードをふやかしたり、

急に缶詰めに変更したりすると、

食べないこともあるので、

切り替えは徐々に行いましょう。

 

歯が残っていて、

歯ごたえのある物が食べられるようなら、

ドライフードも併用した方が、

歯垢や歯石が溜まるのを防ぐことができます。

 

猫カップルのお食事

 

高齢期に入った

愛猫の食事で注意したいのは、

総量を控えめにして、

たんぱく質や脂肪の質を高めることです。

 

総カロリーは若い頃の2割減を目指しましょう。

 

老齢になると運動量が減るので、

若い頃と同じ量の食事を与えていると、

肥満になってしまいます。

 

肥満は糖尿病や心臓病などのもと。

 

若い頃の8割くらいの

カロリーに落とすようにしてください。

 

消化の良い炭水化物の割合を増やし、

塩分は控えめにします。

 

スポンサーリンク

 

ロイヤルカナンは効果的なのか?

 

高齢期の猫を元気に蘇らせる

ペットフードとして

人気が高い品にロイヤルカナンがあります。

 

猫の年齢や飼育環境ごとに

成分を考えてあるキャットフードです。

 

7歳以上の猫についても、

適正体重の維持が難しい猫用と

室内で生活する猫用に分けてあります。

 

歯が衰えた12歳以上の

高齢猫用のものも用意されています。

 

食が細くなった愛猫が嬉しそうに

ロイヤルカナンだと

食べてくれるといった声も多く聞かれます。

 

そうしたロイヤルカナンでも

食いつきが悪くなった時には、

トッピングを工夫すると

喜んで食べてくれるようになることが

多いようです。

 

トッピングは素人判断は避け、

獣医さんと相談して

愛猫の体調にあった物を選ぶようにしてください。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ