猫の病気で咳をしたり高齢による食欲不振や食べない原因は何?

人間と同じように猫が咳をしてしまうことがあるのですが、
これはとても危険な兆候です。

人間とは異なり猫の咳は分かりにくいため
よく注意をして猫の様子を観察しましょう。

 

スポンサーリンク

 

猫の咳について

基本的に咳とは
異物を外に出すために行うものであり、
咳がよく出るということは
細菌やウイルスなどに感染している可能性が高いです。

 

chat chez le vétérinaire

そして、
猫というのは人間や犬よりも
咳をすることが少ないため、
そんな猫が咳をするのは
とても大変な病気にかかっている可能性があります。

猫風邪にかかってしまった結果、
咳が出ることがあります。

他には、猫喘息や咽頭炎
あるいは心臓病やフィラリア症が原因となっていることもあります。

どのような病気が原因となっているのかは
獣医に診断をしてもらうことが大切です。

猫が咳をするのはとても異常なことであると認識しましょう。

人間のように年中咳をすることがある動物ではないのです。

 

スポンサーリンク

 

食欲不振の原因は?

 

また、
猫が高齢となると
食欲不振になることがあります。

これは老猫によく見られる症状であり、
そもそも高齢の猫は基礎代謝が
低下するため必要なエネルギーが少ないです。

そのため、
以前よりも食事の量が減るのは当然のことであり、
飼い主が勝手に食欲不振だと決めつけるケースがあります。

また、
歯が劣化したことにより固いものが
食べられなくなった可能性があるため、
餌をやわらかいものに変えるとよいでしょう。

もし猫が24時間
何も口にしないような食欲不振になった場合には
何らかの病気にかかっている可能性が高いです。

獣医の診断を受けて、
必要であれば点滴をしたり、
胃カテーテルを利用することになります。

単純にエサが飽きただけであるとか、
そもそもエサが嫌いになったということもあります。

よく猫を観察することが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ