犬が高齢になり震えや痙攣の症状が現れてきた原因について!

犬は高齢になってしまうと
時々震えてしまうことがあります。

震えというのは何かに恐れていたり、
危険が迫っているような時に生じます。

スポンサーリンク

 

犬が震える原因について

犬が不安を感じていると、
その結果として震えがとまらなくなってしまうのです。

したがって、
もし自分の飼っている犬の震えが
とまらなくなった場合には
とにかく安心させることが大切です。

dog under a blanket on white

また、
老犬の場合は寒さへの
耐性がなくなってしまうために
震えてしまうことも多いです。

飼い主が優しく抱きしめてあげたり、
あるいはマットを敷いたり
タオルを体にかけるようにすれば、
震えは自然にとまるようになります。

若い犬の場合は体温調節をするための機能が
きちんと働いているために震えることはないのです。

また、
老犬が常に震えていたり、
痙攣してしまう時には
何らかの病気にかかっている可能性があります。

たとえば、
脳や神経系に関する
病気にかかっているために
震えてしまうことがあるのです。

この場合はすぐに獣医に診断してもらう必要があります。

獣医から専門的な治療を
受けない限りは
その症状が治ることはないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

震えや痙攣は危険信号?

老犬になると
これまでには見られなかったような
色々な症状が出てくるようになります。

それらの兆候を
見逃さないようにして、
早急に対応してあげるようにしましょう。

早めに対処することができれば、
症状を速やかに回復させることができます。

震えや痙攣というのは
危険を示すサインとなっているため、
飼い主がそれに気がついてあげることが大切です。

7歳や8歳ぐらいになると
急に衰えが目立つようになるため、
最初は飼い主はショックを
受けてしまうことが多いようです。

そんな時にこそ、
飼い主は取るべき行動をきちんと
実行することが必要となります。

老犬を守ってあげましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ