犬や猫が血便や吐く!震える原因は?鮮血が混じっているけど大丈夫?

ペットがあまり動きたがらず、

元気が無いことに気づいた時には、

様子をよく観察しましょう。

 

犬だと震えていることが少なくありません。

 

そのような様子に気づいたら、

下痢や嘔吐を起こしていないか

注意してあげてください。

 

スポンサーリンク

 

ペットが下痢や嘔吐の症状を起こしている場合

 

元気が無くて下痢や

嘔吐が見られる場合には、

消化不良、異物誤飲、

内臓疾患の可能性があります。

 

消化の悪いものを与えなかったか?

外で変な物を口にした可能性はないか?

そうした可能性がなかったら、

内臓疾患の可能性が高いと言えるでしょう。

 

Veterinarian and dachshund

 

下痢を伴わず、

嘔吐だけを繰り返す場合、

すぐに獣医師の診察を受けられないようなら、

絶食と絶水をさせてみましょう。

 

比較的元気があるようなら24時間、

少し元気がないようなら

12時間食事と水を与えず、

胃粘膜の炎症を抑えるようにしてみるのも

一つの方法です。

 

喉の渇きを訴えた時には、

氷のかけらを数個与えると良いでしょう。

 

絶食・絶水しても

嘔吐が止まらないようなら、

体力を消耗させないうちに

動物病院に連れて行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

便に血が混じっていないかチェック

 

下痢を起こしている場合には、

便に血が混じっていないか、

下痢の回数がどれくらいかということを

獣医師に説明できるようにしましょう。

 

受診の際には便を持参することをお勧めします。

 

トレイをよく洗って

便を入れてラップを

かけると良いでしょう。

 

便に血が混じっている場合には、

血の色が鮮やかな赤い色かどうかで、

大腸に問題があるのか、

小腸に問題があるのかの

おおよその目安がつきます。

 

便にゼラチン状の粘膜が付着していたり、

鮮血が見られるようなら、

大腸性の下痢です。

 

大腸性の下痢の場合には

便をこらえることができず、

その場で出てしまうことも少なくありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ