ペット葬儀亡くなったらするべきこと

大切な家族の一員として過ごしてきた
ペットが亡くなるという悲しい現実に
直面される人も多いと思います。

今までの思い出が
走馬灯のように思い出されて
涙が溢れてきます。

そのような大切なペットが
亡くなった場合の
「するべきこと」をご紹介します。

スポンサーリンク

 

ペットが亡くなった後は?

亡くなったと確認できた場合は、
そのままの状態ですと
死後硬直が2〜3時間程で始まってしまいますので、
リラックスした体勢にしてあげてください。

白い花と数珠と袱紗

特に苦しんで最後を迎えたペットは、
苦しそうな表情に見える事もあるので、
固まる前に姿勢を変えてあげましょう。

体勢を変えてあげたら、
毛布やバスタオル等の上に寝かせて、
全身をお湯で拭いてあげてください。

最後は綺麗にしてあげたいのが飼い主の思いです。

ブラッシング等をして
毛並みを整えてあげるのも
良いと思います。

そして綺麗にした後は、
ペットのサイズに
合う段ボール等を用意して、
入れてあげます。

スポンサーリンク

 

ペット葬儀についての段取り

ペット葬儀を利用する場合は、
すぐに対応出来る事が
少ない場合もありますので、
まずは電話にて確認をしてください。

説明がありますので、
飼い主の希望を伝え、
きちんと話し合いをしておきます。

葬儀や葬送まで時間が空くようでしたら、
自宅で安置することになります。

その間は生前お気に入りだったオモチャ等を
お供えしておくと良いかもしれません。

毎日食事や水の交換も
忘れないようにしてあげてください。

夏場は特に気温が高くなる為、
ドライアイス等を利用して室内で
安置すると良い状態で送り出す事が出来ます。

最近では、自宅で安置出来ない人の為に、
葬儀まで預かって貰えるサービスをしている
葬儀会社が多くなっています。

自宅で埋葬する場合は、
深く穴を掘る等して、
臭い対策をしっかりとしましょう。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ