IMALUの愛犬コーギーの思い出とは?

2012年3月亡くした愛犬への想いを

綴ったラブソング

「4751日もういないキミへ」

をリリースしたIMALUさん。

 

IMALUさんがルルを

家族として迎えたのは8歳の時。

 

母親も祖母も

ペットと暮らしたことがなく、

犬を飼うことに

なかなか同意してもらえません。

 

 

スポンサーリンク

 

IMALUさんにとってのルル

 

あまりの犬好きについに

母親や祖母からの許しが得られます。

 

そのことを聞きつけた父親から

プレゼントされた

ウェルシュ・コーギーの雌がルル。

 

IMALUさんは、

トレーナーに飼い方や

しつけの基本を教えてもらい、

小学生ながらも

中心となって愛犬の世話をします。

 

ルルは4歳で出産。

 

自宅での出産でした。

 

出産シーンを目にして

感じるものがあった家族は、

それ以降愛犬家に変身。

 

ルルとその子のスーを家族の一員として

扱うようにみんなが変化していきます。

 

IMALU コーギー

http://ameblo.jp/imalu-beepbeepbeep/archive34-1-201107.htmlより引用

 

思春期のIMALUさんに

優しく寄り添ったルル。

 

IMALUさんはこう語っています。

 

「人間の場合は、

どんなに仲の良い友達や家族でも、

ぶつかってしまうことがあります。

でも犬は、

どんな時でも人間に愛情を向けてくれる。

落ち込んだ時、

何度もルルに助けてもらいました。」

 

スポンサーリンク

 

13歳の時の脳腫瘍

 

そんなルル。

13歳の時に脳腫瘍が見つかります。

そのことをきっかけとして、

IMALUさんは

だんだんとルルに幸せな時間を

つくってあげられるようにしたいと

願うようになります。

 

しかし、

ルルを不慮の事故で亡くしてしまいます。

 

落ち込むIMALUさん。

 

ペットロスからの

立ち直りとして本気で歌詞を書いたのが

「4751日もういないキミへ」です。

 

人と動物の絆を教えてくれる曲になっています。

 

ペットロスの人の背中を

そっと押してくれる歌詞に、

IMALUさんの

ルルに寄せる深い想いが伝わってきます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ