犬の肥満と咳に注意!病気の症状の可能性も!肥満解消して健康になろう!

犬も咳をします。

咳は風邪をひいた時にだけするわけではありません。

 

寄生虫や心臓病、肺腫瘍、

ジステンパーなどでも咳をします。

 

ちょっとした咳が重篤な病気のサインということがあります。

肥満の犬が咳をした場合、

放置しておくと、

十分に呼吸ができなくなって失神してしまうようになる病気があります。

 

スポンサーリンク

 

アヒルの鳴き声のような咳が特徴

犬の咳は人間の咳によく似ています。

しかし、

非常に特徴的な咳を犬がすることがあります。

「ガーガー」というアヒルの鳴き声のような咳です。

 

愛犬がこのような咳をしたら、

「気管虚脱」という病気の可能性があります。

 

気管虚脱は、

犬の咳の原因として多く見られる病気です。

 

Little fat pug

 

気管とは、

口から肺に空気を送る管です。

 

気管の周囲は軟骨や筋肉が取り巻いて、

通常は呼吸しやすいように筒状の形をしています。

 

その気管が押しつぶされたような形に変形してしまい、

呼吸が妨げられて咳を引き起こすのが、

気管虚脱という病気です。

 

咳はストレスや運動で悪化します。

食事の時に咳が出ることもあります。

 

最初のうちは咳だけですが、

苦しくなってくると、

よだれを垂らしたり舌を巻くようにして呼吸をするようになります。

 

さらに呼吸困難が続くと、

舌が紫色になって酸素欠乏状態を示すようになり、

失神して倒れてしまうこともあります。

 

気管虚脱は、

気管の構造が変性しやすい中高年の犬に多く発症するとされています。

 

また、トイ・プードルやチワワ、

マルチーズといったトイ種、パグ、ブルドッグ、

ペキニーズといった短頭種も、

気管虚脱に罹りやすいと言われています。

 

短頭種は、

もともと首や胸がつまった体型なので、

常に胸部に負担がかかりやすい状態だからです。

 

中高年の犬や体型上の問題がある犬以外に、

肥満した犬も気管虚脱を引き起こすリスクが高いとされています。

 

あごの下、首から肩にかけての部分は、

皮下脂肪が付きやすい部位です。

 

肥満になると、

気管を取り巻く脂肪が増えて気管を圧迫し、

気管の変形を促します。

 

そのため、

肥満の犬は気管虚脱を起こしやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

一度変形した気管は元に戻らない

一度変形した気管は元に戻りません。

気管虚脱に罹ったら、

症状を悪化させない治療が行われます。

 

初期であれば、

薬を投与したり、

減量に励んだり、

運動を少なくしたりすることによって、

症状を抑えることができます。

 

放置しておくと、

気管が炎症を起こして腫れてしまい、

呼吸困難が進みます。

 

気道をさらに狭くしないようにすることが大切です。

 

運動をさせすぎると、

咳がひどくなります。

減量は専ら食事コントロールによることになります。

 

愛犬が愛らしくおねだりしても、

おやつや食事の量はしっかり制限しましょう。

 

もともと気管虚脱を起こしやすい体型の犬種については、

肥満にならないように日頃から注意してあげましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ