老犬は食べないし飲まない!最期は吐く下痢の症状

「ペットを介護する」
という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

動物介護は、
ある程度昔から行われていた行為ですが、
現在ほどペットを人間同様に扱う事は
少なかったのも事実です。

ペットの具合が悪くなれば、
獣医さんに連れて行き、
検査をして原因をつきとめ症状に合わせて治療が施されます。

薬で治る場合もありますし、
手術という方法もあります。

スポンサーリンク

 

犬も人間と同じく介護が必要

昔から人間と共存している動物は、
犬・猫があげられます。

特に犬は適応能力が非常に高い生き物です。

老犬の食事介助

もしかしたら自分を人間と
同じ生き物であると思っているのかもしれません。

歳をとるのは、
生きている限り避けて通る事が
出来ない現実です。

加齢により、
様々な体調の変化が現れるのは犬でも同じです。

高齢化社会と言われていますが、
高齢者が高齢の犬を介護するケース
増加傾向にあります。

動物は短命ではありますが、
医学の進歩によって長生きできるようになりました。

高齢で介護が必要になった犬にも、
延命治療さながらの医療が出来るようになったのです。

老犬の食欲は
日々減少していくのが分かります。

スポンサーリンク

 

老犬介護の食事について

歯が無くなってしまった場合は、
食べる事が出来ない為栄養をとる事が
難しい状態になります。

食事をペーストにして
注射器のような器材で流し込む方法があります。

水分も同じように飲めなくなってしまうほど
体力が落ちてしまう事になります。

老犬を介護していた経験がある人や、
動物介護士等の仕事に就いている人は、
最後の時期が分かると言います。

実際に嘔吐や下痢は見られるようです。

ただ、通常の体調不良とは違い、
少ない量で見られる事が多いと言われています。

息を引き取る数時間前という
タイミングでもあるという事です。

老犬の最期も、
犬によって違いがありますので、
一概には言えないものです。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ