老犬が震える原因とは!?

老犬が震える姿を見る時がありますが、
若い犬でも震えがある場合もあります。

老犬が震える原因とは、
どういう状態なのか調べてみました。

「老犬」と言われ始める犬の年齢は
7歳を過ぎた頃からだと言われています。

スポンサーリンク

7歳から8歳時期の初老と呼ばれる時期から、
震えが出てきたという飼い主さんが多いのも事実です。

震えの原因は寒さであったり、
何らかの病気の可能性もあげられます。
考えられる震えの原因を紹介します。

jeune femme caressant son chien allongé par terre

 

犬が震える原因について

<極端な興奮状態に陥った場合>
興奮の原因は、
大きな音であったりその犬によって様々ですが、
興奮し過ぎる事で特に老犬は震えが
止まらなくなる場合が考えられます。

<寒いと感じた場合>
犬の体温は人間と比較した場合、
非常に高い事が分かります。

寒さに強い犬種と弱い犬種がいますが、
基本的には寒さで震える事も考えられます。

老犬になると自分で体温の調節が出来ない為、
震える状態が続く事もあります。

<極度の不安・恐怖>
極度の不安であったり恐怖心が強い状態の時は、
ブルブルと震える事があります。
精神的に落ち着けば、
この震えは治ってきます。

スポンサーリンク

 

<病気による震え>
犬の病気にもリウマチ・関節痛・
ふらつき等は考えられます。

そして脳に異常が発生した場合でも、
極度の震えが見られる場合があります。

病気による震えだと思った時は、
早めに獣医を受診します。

病気の状態によって手遅れになる可能性が高くなります。

<筋力低下>
老化現象として筋力の低下が原因で、
足で上手に体を支える事が
出来なくなり震えてしまう状態です。

ダックスフンド等の極端に足の短い犬種、
大型犬等で良く見られる症状です。

震えの原因を知らないまま放置していく事は、
犬の寿命を極端に縮めてしまう可能性がありますので、
震えが続く時は注意して看てあげましょう。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ