老犬の夜鳴きをサプリで防止!本当に介護が楽になるのか?

子犬の頃から可愛がってきた愛犬。

 

一緒に過ごした年月が10年以上になると、

犬は老年期を迎えます。

 

人間の1年は、

犬にとっては平均4歳に相当する歳月

流れるのに等しいと言われています。

 

関節に痛みを抱えるようになったり、

耳が遠くなったりと、

老年期を迎えた愛犬には

飼い主による介護が必要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

老犬の夜鳴きがひどくなったら

 

老年期を迎えた犬は

夜鳴きが多くなると言われます。

 

耳が遠くなったり、

目が悪くなってきたことから

不安を感じて夜鳴きをすることもあるようです。

 

優しく頭を撫でてあげましょう。

 

関節の痛みが出てきているのかもしれません。

 

散歩の時の歩き方はどうだったでしょう?

 

いつもとどこか違っていたようなら、

優しくさすってあげると良いでしょう。

 

飼い主の手のぬくもりを感じると、

気が紛れて夜鳴きが減ることもあります。

 

人間にも効果のあるラベンダーなどの

アロマも効果があると言われています。

 

愛犬のお気に入りのおもちゃに

ほんの少し染み込ませてあげるだけで

落ち着くこともあるそうです。

 

犬と散歩する老夫婦

 

 

そうしたケアをしても夜鳴きが減らない時には、

神経や脳にトラブルが生じている可能性もあります。

 

人間と同じように犬も認知症に罹ります。

 

犬の認知症は、

正確には「認知障害症候群」と呼ばれています。

 

人間のアルツハイマー性認知症と

症状が似ているのが特徴です。

 

認知障害症候群による夜鳴きは薬で改善されます。

 

愛犬に薬を飲ませることに

抵抗感があるという方も少なくありませんが、

夜中じゅう鳴いていることの方が体力を消耗させ、

老犬にとっては苦痛でしょう。

 

スポンサーリンク

 

認知症の予防について

 

認知障害症候群の予防には

DHAのサプリメント

効果があるとされています。
夜鳴きを落ち着かせようと

愛情をもってケアすることは大切です。

 

しかし、

老年期に入った愛犬のケアは

長期間に渡って継続することが必要になります。

 

老犬中心の生活になって飼い主のイライラが募ると、

犬は敏感にイライラを感じ取って

落ち着きをなくしてしまうかもしれません。

 

愛犬との良好な関係を最後まで続けるためにも、

獣医さんと相談しながら、

サプリメントや薬を上手に使いましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ