老犬の脱水症の症状は下痢と嘔吐?治療法と対策について!

愛犬が脱水症かどうかのチェックポイント

ワンちゃんの脱水症では、

無気力や明らかに元気のない様子、

目が落ちくぼんでいるなどが症状としてあらわれます。

 

そのほかに、

ワンちゃんが脱水症を起こしているかどうか、

簡単にチェックする方法があります。

 

スポンサーリンク

 

1.皮膚の弾力がなくなる。

首の後ろの皮をつまんでみて、元に戻るのが遅い場合。

 

2.毛細血管に血が戻るのが遅い。

歯茎を白くなるまで押してみて、指を放した後すぐにピンク色に戻らない。

 

3.歯茎がネバネバしている。

歯茎がツルツルしておらず、ねばついている。

 

老犬だと病気の影響で脱水症を起こしてしまうこともありますが、

健康であっても怖いのが熱中症です。

 

熱中症ではよだれが大量に出たり、

嘔吐や下痢を起こすことで、

体内の水分が失われ脱水症を起こしてしまいます。

 

dog

 

ワンちゃんの脱水症を予防しよう!

脱水症の予防は普段から新鮮な水をたっぷり与えておくことです。

 

また、

夏場の日中は散歩や運動を控え、

涼しいところで快適に過ごせるように環境を整えてあげてください。

 

散歩に行く際には、

いつでも水分補給ができるように飲み水を持っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

脱水症の症状が出ている場合、

早めに病院を訪れることが一番いいのですが、

応急処置としてはスポーツドリンクを少し飲ませるのが効果的です。

 

スポーツドリンクが手元にない場合は、

少量の砂糖を溶かした水を与えましょう。

 

普通の水道水だと体内のミネラル(電解質)バランスがおかしくなって、

重症化することもあります。

 

水分を与えるのと同時に、

水をかけたり濡れタオルで体を覆ったりして、

体を冷やすのも効果があります。

 

脱水症は甘く見ると命を落とす危険性もあります。

 

軽度なら自宅での処置でも問題ありませんが、

症状がおさまっても、

できる限り病院で診てもらってください。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ