老犬の食事 食べれる手作りレシピ

今与えているドッグフードには、
添加物が沢山入っているのは知られています。

特に老犬になってくると、
ドライタイプのドッグフードを噛む力が衰えたり、
歯が少なくなってしまう場合があり、
手作りの食事に切り替えたいと考えます。

そのような時は、
栄養バランスはもちろん考える必要がありますし、
食べてくれるのか?という心配も出てきます。

スポンサーリンク

 

老犬に手作りの食事をあげる時の注意点

手作りの食事をあげる前に
知っておきたい事をご紹介します。

ドッグフードを食べるノーフォークテリア

野菜中心のレシピが多いものですが、
玉ねぎやネギは、
犬が中毒を起こす可能性が高いので
使ってはいけない材料になります。

にんにく等の刺激が強い材料も避けましょう。

喉越しが良い状態に作ると、
食べやすくなります。

現在は老犬介護食という食事も、
レトルトタイプ等の状態で市販されています。

まずは、介護食で少しずつ慣れさせていくのも方法のひとつです。

老犬の介護食作りで、
一番お役立ちアイテムとして
「炊飯器」を利用して作る方法を紹介してみます。

スポンサーリンク

 

炊飯器を利用した食事

材料はニンジン・シイタケ・
鶏肉等の具材は、
細かくみじん切りにします。

(大きめにカットして入れて蒸し上がった状態を潰しても簡単に出来ます)

米や五穀米等の材料は、
少量で大丈夫です。

後は炊飯器のおかゆモードを利用してセットするだけ
というとても手軽で失敗の少ない方法です。

冷凍保存も可能ですから、
ある程度の量をまとめて作っておくと、
忙しい時には重宝します。

市販のウエットタイプのドッグフードを利用しても、
手作りしやすいレシピです。

半生タイプのドッグフードは、
油分が多めですから、
お湯に浸けて油抜きをすると良いと思います。

その中に愛犬の好きな食べ物を細かくして混ぜて、
完成になります。

果物等を混ぜても、
食べてくれる場合が多い状態です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ