老犬の食事回数と量

老犬は若い頃と同じように
一日二回程度の食事を、
一度に食べきる事が難しい状態になります。

その為の工夫が必要になります。

老犬の食事回数は、
一日の量を数回に分けて食べさせる事が
ポイントになります。

スポンサーリンク

 

老犬の食事回数について

犬の体調や状態によって
四回から五回程度に分けて与えると良いでしょう。

Cute Havanese puppy dog is lying beside a red bowl of dog food

少しずつ食べる事で、
一日の量が食べられている状況になります。

食事の量も少し減らした方が良い場合があります。

人間でも同じですが、
老衰によって食事をとる事がストレスに
繋がる場合が考えられます。

例えば、
食べたいのに食べられないような状態の事です。

特に介護を必要とするペットは、
口で話す事が出来ない為、
飼い主が注意してあげる必要が高くなります。

言葉を話す事が出来ませんので、
食べた食事を吐いてしまったり、
具合が悪いと暴れたり泣いたり(吠えたり)する事で
人間に伝えようとします。

スポンサーリンク

 

老犬の食事の量について

食事の時に、
ひと口の量も考えてあげなければなりません。

老犬になると喉の力が弱くなり、
飲み込む事が難しくなるからです。

自力で食べられる犬でしたら
自分で調節出来ますが、
自力では食べられない犬は
人間が少しずつ食べさせてあげる状態です。

スプーン等を上手に利用すると
食べさせやすい場合もあります。

食事は毎日の事ですから、
ペット用の介護アイテムを
上手く利用するのも良いと思います。

老犬の介護食は、
犬の状態や体調に合わせて、
硬さや大きさを調整してあげる事も大切です。

歯が無い場合は流しこめるように、
ミキサー等を利用してペーストにして
舐めさせるのも方法のひとつです。

手作りの食事でしたら、
柔らかい状態に調理する事も重要です。

老犬の介護食は、
舌で潰せる程度の硬さと量が
一番適していると言われています。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ