老犬の食事の与え方

ここでは「老犬の食事の与え方」
についてご紹介します。

現在は介護が必要な状態にある
動物(ペット)が多くなってきました。

医療が発展して、
病気や怪我の治療ができるようになった事も
長寿になった要因のひとつです。

スポンサーリンク

 

老犬の食事について

老犬には、
バランスの良い食事が大切になります。

Dog food

動物性蛋白質の多い
ドッグフードに変えるのも方法のひとつです。

幼犬用や成犬用のドッグフードは、
栄養バランスも非常に高い商品ですが、
老犬には強すぎる状態になります。

体内の臓器が弱っている場合は、
上手に消化出来ない可能性があります。

ドッグフードは、
シニア用を選ぶようにすると良いと思います。

ドライタイプの物や半生タイプの物がありますので、
犬の状態に合わせて選ぶ事が大切です。

老犬介護専門の食事を利用する方法もあります。

食事の与え方は、
一日に食べる量を数回に分けて食べさせると
食べられる事が多くなります。

一度の食事の量が減ってきますので、
食べられない状態が続く事で、
徐々に体力が低下してしまうのを避ける事が出来ます。

スポンサーリンク

 

老犬の食事ののサポート

自力で食べられる老犬でしたら、
出来る限り見守りながら食べさせる事も
ポイントのひとつです。

手伝ってしまう事で、
自分で食べない・食べられない状態になる場合もあります。

寝たきりの状態の場合は、
注射器やスポイド等を使って
直接口の中に入れる方法になります。

寝たきりになると、
固形物を食べられない状態の老犬が多いので、
身体を少し起こした状態で、
口の奥に流し込んであげます。

咽ない程度の量を数回に分けて与える事が大切です。

自宅で老犬介護をしている場合は、
どの状態が一番食べやすそうなのか、
というのを観察しておく必要があります。

食べやすさを重視し、
栄養のバランスが良い食事を与える事が大切です。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ