老犬の最後に痙攣がおこるのは苦しむからではない?看取る事について!

スポンサーリンク

年老いた愛犬。

いつか来る別れの時をどのような形で迎えるのか?

闘病生活を送っているか、比較的元気に生活して自然に最期に近づいているかの別無く、最期は想定しがたいものです。

Dog with broken leg

愛犬の看取り

動物病院に入院させたまま最期を迎えれば、自宅に戻してやれば良かったと後悔するでしょう。

自宅で闘病生活を送った挙句、けいれんを起こして逝ってしまえば、病院で十分な治療を受けさせれば良かったかもしれないと惑うことでしょう。

どんな時にも飼い主に全幅の信頼を寄せてくれた愛犬の死を前にした時、たいていの飼い主は自分の対応が十分ではなかったと悔いるものです。

肉親の死にも匹敵する悲しみ。

介護生活では、人間相手と同様の心遣いをします。

ただ一つ違うのは、安楽死という選択肢がペットの場合にはあることです。

人間では許されていない選択肢。

文化や宗教の違いが反映されやすい非常にデリケートな問題です。

闘病生活の最中、激しく苦しむ愛犬の姿に「安楽死」という選択肢を検討せざるを得ない飼い主はいます。

かかりつけの獣医師と合意していても、たまたま休診日に愛犬が悶え苦しみ、救急対応をしてくれる動物病院に安楽死の依頼をせざるを得ないケースもあります。

日本では動物に対しても安楽死という手段をとることへのハードルはかなり高いのが実情です。

▶︎17年間一緒に暮らした愛犬!犬嫌いの夫もいつの間にか犬好きに!?

老犬の看取りで欠かせないのは、かかりつけ医との信頼関係

看取り医療とは、病気を治すための積極的な医療行為を行わず、老犬の最後の時間を、出来るだけ穏やかなものにするための医療行為です。

生活の質を極力落とさないようにして、老犬が最後まで穏やかに過ごせるようにすることが、医療行為の目的になります。

最後の時に一歩ずつ近づいているという恐怖と、「もしかしたら、持ち直してくれるのではないか?」という淡い期待が、いり混じる時間が、看取りになります。

そのため、老犬の病気や老犬の体調について詳しい獣医、中でも、掛かりつけになって、自分の愛犬の今までのことを熟知しているかかりつけ医とのコミュニケーションが、飼い主さんにとっては、大切な息抜きになります。

最後の時に向かっている愛犬と一対一で向き合い続けるというのは、思いの外、苦しく、自分一人で抱えていると、次第に不安が大きくなったり、滅入ったりしてしまいます。

そうした感情は、老犬に伝わってしまいます。病気で苦しむ老犬の気持ちを穏やかにするためにも、また、老犬との最後の時間を穏やかに過ごすためにも、信頼できるかかりつけ医は不可欠です。

かかりつけ医にいろいろなことを相談し、信頼関係を築くようにしましょう。

スポンサーリンク

▶︎犬が高齢になり震えや痙攣の症状が現れてきた原因について!

かかりつけ医に相談したい5つのこと

1.治療方針。

どこまで、治療するか?出来るだけ細かく、相談しましょう。

点滴1本にしても、今の時期でするのが、本当に愛犬の苦痛を和らげる事になるのか?専門の医師の見地を聞いて、慎重に判断しましょう。

治療のために、愛犬がかえって無用な苦痛を味わう事にならないか?必要な治療になっているのか?老犬の体力によっても、判断は異なります。

自分の愛犬の今までと現在をよく知っているかかりつけ医と相談することが大切です。

2.どのような仕草をしたら、何をして欲しいと思っているのかについて、アドバイスを頻繁にもらうようにしましょう。

体調が良い時には、仕草で犬の考えていることをおおよそ推し量っていて、別段、歯がゆさを感じる事はありません。

しかし、先が見えているような看取りの期間には、犬が人間の言葉を話せないことが、もどかしく感じられる瞬間が幾度もあります。

何をして欲しいのか?どこがどのように痛むのか?心配が高じるほど、愛犬が人間の言葉を話せたら良いのにと思うようになります。

かかりつけ医からアドバイスを貰いましょう。

3.最後をどこで看取るか?

自宅で看取れば、常に愛犬の傍に居てやれ、納得のいく介護ができます。愛犬も落ち着いて過ごせます。

しかし、仕事の都合で、どうしてもずっと付き添ってやれない人もいることでしょう。

また、中には、最期を見届けるのが辛いと感じる人もいるようです。

どのような状態になったら、入院させるか?自分が仕事で世話できない昼間だけ預かってもらうか?愛犬が最後の時をどこで迎えるか?家族とも話し合い、かかりつけ医としっかり打ち合わせておきましょう。

4.緊急蘇生はするか?

酸素吸入、心臓マッサージ、強心剤の注射などをするかどうかは、家族とも打ち合わせた上で、かかりつけ医のアドバイスを貰いながら、事前に飼い主さんが決めておきたいことです。

多くの場合、老犬では一時的に心拍や呼吸が回復しても、2~3回緊急蘇生を行うと反応しなくなるようです。

自然死を尊重するといっても、いざ目の前で愛する犬の命の灯火が消えそうになるのを見ると、どうしても引き戻したいと考えるのは、自然な感情です。

ただし、後日、無用な苦痛を愛犬に与えたと後悔する人も少なくないようです。

出来るだけ、事前に方針を決めておきましょう。

5.安楽死をさせるか?

賛否両論あるのが、安楽死問題です。

宗教や文化によって、ペットの安楽死は、考え方が大きく異なるようです。

愛犬との生活の最後における飼い主としての重要な決断が、安楽死です。

決定は、飼い主に委ねられます。

どのような状態になったら、検討するかを、家族で話し合っておくことが大切でしょう。

愛犬の苦痛が激しい病気の場合、安楽死は、避けて通れない問題です。

愛犬の意思が確かめようもないことが、決断を一層重いものにします。

それだけに、かかりつけ医とのコミュニケーションは重要です。

▶︎心臓疾患で愛犬が他界!悲しみを乗り越える為に趣味に没頭して克服

愛犬との最後の過ごし方

愛犬との最期の時間をどう過ごすのか?

自分の人生に紛れもなく

大切な瞬間を数多く残してくれた愛犬をどう見送りたいのか?

現実の看取りは望んだ通りには行かないものです。

しかし、長い間、一途に自分に愛情を注いでくれた愛犬への礼儀として、見送り方は考えておきたいものです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ