老犬の病気!嘔吐で白い泡を吐いた時に考えられる病とは?

スポンサーリンク

犬は、吐きやすい動物です。

嘔吐をしても、さほど心配しなくて良いケースもあれば、早急に動物病院に連れて行く必要があるケースもあります。

嘔吐の際に、しばしば見られるのが、白い泡です。

白い泡の正体は、何でしょうか?どのような点に注意し、どのような病を想定する必要があるのでしょうか?

 

inu

嘔吐の後にケロリとしていたら

嘔吐が、すべて不安をかきたてる、犬の病気のサインというわけではありません。

嘔吐しても、その後、ケロリとしていることも、少なくありません。

嘔吐した後、元気な様子なら、原則として、心配するような病気の可能性は、低いと言えます。

まず、犬の様子に気を配り、表情が苦しそうかどうかを、チェックしましょう。

嘔吐した時に出る白い泡は、胃液です。

胃液は、無色透明です。

嘔吐した時、泡立って、白い泡になります。

胃液を吐くのは、胃酸過多になっている時と考えられています。

犬は、胃酸が多く出る動物です。

胃酸が多く出るため、食事と食事の間隔が空きすぎて、胃袋の中に何も入っていない状態が長く続くと、胃酸過多で気分が悪くなり、胃液を吐きだすとされています。

白い泡には、黄色い液体が混じっていることが、少なくありません。

黄色い液体は、ツンとした刺激臭がします。

胆汁です。

お腹が空きすぎていると、胆汁が胃に逆流することがあります。

胆汁が胃液に混ざって吐き出されることを、胆汁嘔吐症候群と言います。

胆汁嘔吐症候群は、一過性のものなら、心配する必要はないとされています。

お腹が空いている時間が長すぎないように、ご飯やオヤツの時間を調整しましょう。

1回に与える量を少なくして、回数を増やすと良いでしょう。

また、繊維質が多いフードだと、満腹感を保つことができます。

繊維質の多いフードに切り替えるのも、選択肢の1つです。

スポンサーリンク

→老犬の病気!難聴になった時の症状や介護法

 

吐瀉物に血が混じっていたり、嘔吐の回数が多かったら

犬の病気が懸念されるのは、吐瀉物に血が混じっている場合や、嘔吐の回数が多い場合などです。

そのようなケースでは、犬の表情が苦しそうだったり、犬の様子が元気のない感じだったりします。

腹痛,下痢、血便など、他に体調不良を疑わせる症状が見られるのが、普通です。

嘔吐した泡自体が赤みがかっている場合はもとより、白い泡にコーヒー色や茶色のものが混じっていたら、それらも血です。消化された血は、コーヒー色や茶色になります。

血が混じっている場合は、胃腸の病気が考えられます。

急性胃炎、胃潰瘍、胃捻転、腸閉塞などが、疑われる犬の病気になります。

色が濃くなるほど、出血から時間が経っていることを表します。

危険性が高くなっている印です。

黒っぽいものが吐瀉物に混じっていたら、すぐに病院を受診させましょう。

犬種によって、疑いが濃厚になる犬の病気もあります。

胃捻転です。

胃捻転は、お腹の中で胃がねじれてしまい、胃の入り口と出口が塞がれることで、胃の中に発生したガスが溜まって、胃が膨張する病気です。

膨張した胃が、周囲の臓器を圧迫し、血流を妨げ、多臓器不全を引き起こします。

発症後、数時間のうちに死亡するケースが多い、重篤な病気です。

大型犬で、胸の深い、コリー・ドーベルマン・シェパードなどに多い病気とされています。

食生活との関係も指摘されており、食後に激しい運動をしたり、早食いやどか食いをした後に、発症することが多いとされています。

嘔吐回数が多かったり、嘔吐した後にぐったりしていたら、すぐに動物病院を受診させましょう。

→老犬の床ずれ治療と対応!床ずれにならない予防法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ