寝たきり老犬の食事について

老犬も寝たきりになると、
食事も自分で食べる事が出来なくなってきます。

寝たきりになってしまっても、
生きている限りは食事を摂らせなくてはなりません。

寝たきりの老犬の食事の食べさせ方をご紹介します。

スポンサーリンク

 

寝たきりの老犬への食事について

動ける状態の時のように、
お皿にご飯を入れて置いておくだけでは
食べる事が出来ません。

Beagle dog on bed close-up

動物だから少し頭を上げれば
食べられそうな状態に見えると思いますが、
身体の自由が利きません。

今は食べたくないのかな?
と勝手に解釈してしまう場合がありますが、
食べたくても食べられない状況の時が
多い事を分かってあげましょう。

このような状態の時は、
食べさせてあげる事が重要です。

スポンサーリンク

 

ドックフードを老犬に食べさせてあげる場合

ドッグフードの場合ですと、
犬用の牛乳や水等で柔らかくして、
喉越しが良い状態にしてあげてください。

そして少しずつ、
出来るだけ喉の奥の部分に入れてあげます。

その際の注意点として、
気管に入ったりしないように気を付けます。

食べさせる時は、
少し身体を起こして、
または座らせて食べさせる事も大切です。

寝たきりになると起きて食べる事が
出来ないのも多いものです。

人間が膝とお腹で、
座椅子のような状態に座らせる
食べさせやすくなります。

寝たきりになってしまったら、
一度の食事量を減らして食べさせます。

減らして食べさせる理由として、
消化器への負担を減らす目的があります。

基本的には、
犬は老犬になっても
消化器系はあまり衰えないとも言われていますが、
病気があるケースも考えられます。

口を開ける事が出来ない状態の場合は、
注射器や大きめのスポイド等を使い、
ペースト状にしたご飯を流し込む方法があります。

この場合の注意点として、
口を無理やり開けようとする事で、
噛みつく恐れもあるので、
慎重に対応しましょう。



1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ