高齢犬の病気!便秘や咳をしているのは危険信号か?

高齢になった愛犬の健康状態は

細かにチェックしてあげたいものです。

 

様子が普段と異なっていたら素人判断せず、

早めに獣医さんに診せましょう。

 

たとえば、

便秘や咳。

 

便秘しているからと

食物繊維を与え過ぎても

便の出が逆に悪くなることもあります。

 

スポンサーリンク

 

高齢犬が便秘や咳をしていたら

 

咳をしているからといっても風邪とは限りません。

 

高齢犬になると、

便秘や咳が

重大な病気の症状だったということもあります。

 

心不全です。

 

心不全は、

心臓の弁異常や腫瘍

フィラリア症などの

心臓病を抱えている場合に発症しやすい病気です。

 

チワワやトイプードル、

シーズーなどの

小型犬が罹りやすいとされています。

 

しかし、

高齢になると、

心臓病を特に抱えていなくても、

大型犬でも

心不全に罹ることが増えてきます。

 

心臓は左心と右心に分かれています。

 

どちらに異常があるかによって症状は異なります。

 

 

chihuahuas

 

全身に血液を送り出す左心の機能が低下すると、

送り出される血液の量が減るため、

まず左心に血液が溜まります。

 

肺で酸素を貰った綺麗な血液は

行き場を無くして肺に溜まってしまい、

呼吸器系の症状が出ます。

 

初期段階では、

激しい運動をしたり、

興奮したりした時にぐったりとして咳が出ます。

 

症状が進むと、

軽いお散歩程度の運動でも

咳をしたり息苦しそうな様子を見せます。

 

更に症状が進むと、

安静にしていても

口を開けて喘ぐように

呼吸をするという症状が

見られるようになります。

 

また、

血液不足による食欲不振や便秘、

下痢なども起こり得ます。

 

スポンサーリンク

 

便秘になったら要注意!?

 

全身を巡った血液を

肺に送る右心の機能が低下すると、

肺に十分な血液が送られなくなります。

 

その一方で全身から

右心に血液が戻ってくるため、

右心に血液が溜まってしまいます。

 

症状としては、

まずお腹や足に浮腫みが現れます。

 

次いで、

お腹や胸に水が溜まってきます。

 

それ以外には、

肝臓の腫れや食欲不振

尿の減少

便秘や下痢も見られるようになります。

 

右心の機能低下は、

左心の機能低下に合併して起こることも多く、

左右の機能がともに低下すると、

 

症状は一旦安定したように見えることもあります。

 

しかし、

病気は進行しています。

 

素人判断は控えて、

高齢になった愛犬が

咳をしていたり便秘になっていたら、

獣医さんに診てもらいましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ