犬の腸捻転の症状や原因は?治療法や予防対策はこちら!

人間だけじゃなかった犬の腸捻転

 

スポンサーリンク

 

犬の腸捻転は胃拡張と同時に起こることが多いです。

胃拡張は胃にガスなどが溜まって異常に膨らんでいる状態で、胃拡張が起こると胃が腹部で動きやすくなります。

犬の腸はお腹の中で勝手に動き回らないように腸間膜と呼ばれるもので固定されているのですが、胃拡張などが起きると胃がくるくる回転しやすくなり、腸などを引っ張りながら動き回ります。

そのため、腸が引っ張られて腸間膜が破れ、捻転につながります。

犬の腸捻転は突然起こることが多く、「ついさっきまで元気に遊んでいたのに」ということが少なくありません。

一番わかりやすい症状は腹部の膨張です。場合によってはお腹の側面がこぶのように膨れることもあります。

もうひとつは吐き気です。犬は吐こうとしますが何も吐き出せません。

嘔吐を促そうとして水を大量に飲んだり、激しく地面をひっかくこともあります。

また、よだれをたらしたり、息切れを起こしている様子も見られます。

 

dog siesta sleep

 

▶︎犬の夏バテの症状は?食欲不振・下痢・嘔吐!対策は?

 

治療と予防

腸捻転の治療には、開腹手術が必要になります。

早く腸のねじれを戻してあげないと、腸が壊死してしまうこともあります。

手術によって腸を戻し、腸間膜を縫合して治療します。

 

スポンサーリンク

 

大型犬のほうがなりやすい傾向があるにはあるのですが、どちらかといえば犬種より個体の体質差によってなりやすい子がいるようです。

予防法としては、胃拡張を防ぐために早食いをさせないようにする必要があります。

1日1回の食事だと空腹を感じてどうしても早食いになりやすいので、2~3回の複数に分けて食事を与えるなど工夫が必要です。

また、食べた直後に大量の水を飲ませるのも、捻転の原因になります。

それから、食事の後すぐに運動すると、胃や腸が腹部で動きやすくねじれの原因になります。

食後すぐの運動、車での移動、散歩などは控えて、食後2時間程度は安静にする習慣をつけておきましょう。

 

▶︎犬にあせもが出来るのか?治療や対処法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ