犬の目の病気の症状と原因!

愛犬が前脚で目をこすっていたり、

目をしょぼしょぼさせていたら、

目の病気かもしれません。

 

まずは目を見てみましょう。

 

充血して目やにが出ていたり、

目が白く濁っているようなら、

すぐに動物病院を受診させましょう。

 

スポンサーリンク

 

充血して目やにが出ている時には

最初に疑われるのが結膜炎です。

犬の目の病気で最も多いのが結膜炎です。

 

結膜とは、

眼球とまぶたをつなぐ半透明の膜です。

 

上下のまぶたの裏側と白目の表面を覆っています。

 

結膜に炎症が起きたのが結膜炎です。

目が充血して目やにが出ます。

 

まばたきが多くなり、

痒みから前脚で目をこすったり床に顔を擦りつけたりします。

 

結膜炎の原因は、

細菌やウイルスの感染、

アレルギー、

異物の侵入などです。

 

原因に応じた点眼薬や目軟膏で治療します。

 

Bulldog

 

結膜が充血していても、

目やにの量が多くてねばねばしているようなら、

ドライアイの可能性があります。

 

ドライアイは、

涙の量が減少することで、

目の表面が乾き、

角膜や結膜に炎症を起こす病気です。

 

涙の産生量が減る原因として、

犬に多く見られるのが免疫介在性のものです。

 

免疫システムが涙腺を攻撃して

破壊することによって起こります。

点眼薬で治療します。

 

犬が頭を触られるのを嫌がるようなら、

緑内障の疑いがあります。

 

眼圧が上がっているのかもしれません。

 

目が充血したり、

目が大きくなったように見えたり、

角膜浮腫によって目が白濁していることもあります。

 

充血や目の白濁という症状だけではなく、

目が大きくなったように見えたり

頭を触られるのを嫌がる素振りを見せたら、

緑内障を疑いましょう。

 

また遺伝的に緑内障を発症しやすいとされる犬種もあります。

 

柴犬、シー・ズー、アメリカン・コッカー・スパニエル、

チワワなどは、

遺伝的に緑内障を発症しやすいとされています。

 

スポンサーリンク

 

目が白く濁っている時には

シニア犬の場合には白内障の可能性が大きいようです。

白内障は、

水晶体が白く濁り、

視力低下を引き起こす病気です。

 

多くは加齢によるものですが、

外傷、糖尿病、

水晶体に影響を与える目の病気が

原因となることもあります。

 

治療はもっぱら手術によります。

 

ただし人間の場合よりも合併症を起こしやすいと言われています。

愛犬の年齢や活動量なども考え合わせ、

治療方針はかかりつけ医と十分に話し合うことが大切です。

 

角膜が白く濁り、

前脚で目をこすっていたり目をしょぼつかせているようなら、

角膜潰瘍かもしれません。

 

角膜とは黒目の表面の透明な膜です。

この膜に潰瘍ができた状態が角膜潰瘍です。

 

外傷、逆さまつげ、

異物の侵入などの他に

ドライアイが原因になることもあります。

 

軽度なら点眼薬とエリザベスカラーで治療できますが、

重度になると外科手術が必要になります。

 

また角膜潰瘍を引き起こしやすい犬種もあります。

 

シー・ズー、パグ、チワワなど、

目が大きくて眼球が飛び出し気味の犬種に多い

トラブルとされています。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ