猫の寿命と亡くなる時の症状は?病気は慢性腎不全が多いのか?

猫の寿命は基本的に犬よりも長いとされており、
大体17歳ぐらいまで生きると考えてよいでしょう。

もちろん、猫の種類や個体差による影響を受けるため、
20歳を超えるまで長生きする猫もあれば、
15歳に達しないぐらいであっさりと亡くなってしまう猫もいます。

 

スポンサーリンク

 

猫の死因は慢性腎不全が多い?

 

猫の死因として最も多いのは
慢性腎不全であることが分かっています。

特に高齢になるほど腎不全になりやすくなるため、
きちんと健康診断を受けて
早期に発見することが大切です。

腎不全という病名ですが、
これはけっして治らないというわけではありません。

きちんと治療をすることにより、
腎不全となった猫であっても長生きさせることは可能なのです。

 

花壇の猫

 

猫は犬よりも腎不全になりやすいとされています。

また猫は発症したとしても
それに耐えようとする傾向があるため、
発見が遅れてしまうことがあります。

そのため、
飼い主はいかに早く
猫の慢性腎不全を見つけることができるのかが
重要となります。

腎不全というのは腎臓の病気であり、
15歳前後の猫であれば3割はこの病気にかかっています。

治療はできるだけストレスをためないようにして、
食事療法をすることになります。

腎不全の症状としては、
食欲不振が数ヶ月にわたったり、
多飲多尿となったり、
嘔吐をすることがあります。

他にも、
被毛が劣化したり、
よく眠るようになったり、
ふらふらと歩き出すなどの症状が見られれば、
腎不全の可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

腎不全になってしまった場合

腎不全にかかっていたとしても、
正しい治療をすることによって、
そこから長生きできる可能性はあります。

リラックスできる環境をつくってあげて、
十分に睡眠を取らせるようにしましょう。

またたくさんの水を飲ませるようにして、
ブラシングを毎日しましょう。

獣医にいわれたとおりに行動することが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ