猫や犬の末期ガンの余命について!症状や原因は何?食事やサプリで回復は?

犬や猫も癌に罹ります。

アメリカの統計では、

10年以上生きる動物の約半数は

癌で死亡するだろうとされています。

癌を患うペットの数は年々増加しているようです。

 

癌の原因はまだ十分に解明されていません。

 

癌の危険因子としては、

老化、紫外線、放射線、ウイルス、ホルモン、

遺伝、化学物質、磁場、受動喫煙、

アスベストなどがあげられています。

 

これらの危険因子が複雑に絡み合って

癌の発症につながっていると考えられています。

 

癌を患うペットが増えている背景には、

動物のヘルスケアが進歩してきたこともあると言われています。

 

ヘルスケアが進歩したため、

感染症などがコントロールされて

若齢の時に他の病気で死ぬペットが少なくなったことが、

結果として癌を患うペットの数を増やしているとの見方もあります。

 

スポンサーリンク

 

ペットの癌

ペットの癌も人間の癌と同じく、

治療の成功は癌の早期発見にかかっています。

 

一般的な初期症状としては、

次のような変化が見られるとされています。

 

腫れがなかなか消えなかったりどんどん大きくなったりする、

傷が治りにくい、

原因不明の体重減少が続く、

原因不明の微熱が持続する、

食欲がなくなってきた、

鼻や口などの開口部から分泌物や血が出ることがある、

口の悪臭が酷い、

食べたり飲み込んだりするのが困難な様子である、

運動したがらない、

ふらつく、

びっこが長引くようになった、

呼吸や排尿・排便が困難になってきた。

 

これらの症状は徐々にひどくなっていくため、

気づきにくいことも少なくありません。

 

opération féline

 

犬に比べて猫が癌を発症する確率は低いとされていますが、

ひとたび発症すると重症化しやすいとも言われています。

 

また猫はリンパ肉腫の有病率が高いとされています。

 

猫のリンパ肉腫の有病率は人間の6倍。

 

この高い有病率には

猫白血病ウイルスが関わっているとされています。

 

犬については、

磁場に晒されることが

リンパ肉腫の発症と関連していると言われています。

 

磁場に晒されている時間が長ければ長いほど、

また、

磁場が強ければ強いほど、

犬のリンパ肉腫は発症しやすくなるとされています。

 

スポンサーリンク

 

ペット癌検診

ペットの癌の診断方法は進歩しています。

獣医と飼い主の双方の協力のもと、

癌に罹ったペットの治療も行われることが増えてきました。

 

しかし、

癌で余命宣告を受けることはあります。

家族の一員として大切に接してきたペット。

 

余命宣告を受けた場合、

苦痛を伴う治療は行わず、

癌の症状をできる限り軽くして

寿命を全うさせる緩和ケアを行うことが多いようです。

 

治療の目的は、

不快な症状を最小限に抑え、

ペットの幸せをできるだけ長続きさせることです。

 

人間が癌に罹って余命宣告を受けた場合には、

抗ガン治療を受けるか緩和ケアを受けるかを選択できます。

 

しかしペットの場合には飼い主が選択することになります。

 

余命宣告を受けても諦めきれず、

最後まで何とかしてあげたいと努力するケースもあります。

 

漢方薬を飲ませたり、

鍼治療を受けさせたりすることもあるようです。

 

しかしペットがそうした治療を

嫌がって飼い主の姿を見かけると逃げるようになるということも、

しばしば聞かれます。

 

大切なペットだからこそ、

最後の時間をペットが

幸せに過ごせるような配慮が大切でしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ