猫・犬コロナウイルスとは?感染症の症状や治療法について!

猫コロナウイルスには2つの型があります。

猫腸コロナウイルスと猫伝染性腹膜炎ウイルスです。

この2つは形や遺伝子レベルでは区別することができません。

しかし、猫に感染した場合の病原性が大きく異なります。

 

猫腸コロナウイルスは、

猫に対してほとんど病原性を示しません。

 

腸管に感染するウイルスです。

 

感染によって軽度の下痢を示すこともありますが、

多くの場合は無症状です。

 

そのため、

感染状況を確認するには動物病院での血液検査が必要です。

 

スポンサーリンク

 

猫コロナウイルスと猫伝染性腹膜炎の関係

猫コロナウイルスは、

糞便を介して猫同士で簡単に感染が成立します。

 

野外生活を送っている、

いわゆる野良猫がコロナウイルスに感染していることは無論、

家庭内で単独で飼育されている

猫でもかなりの確率で高い抗体価を持っています。

 

抗体を持っているということは、

過去に感染したことがあるということです。

 

眠る茶猫

 

猫伝染性腹膜炎ウイルスは、

猫に対して強い病原性を示します。

 

感染すると猫伝染性腹膜炎を発症させます。

 

ただし、

猫伝染性腹膜炎ウイルスという

特別なウイルスに感染して発病するのではなく、

猫コロナウイルスに感染した

猫の一部の体内で猫コロナウイルスが突然変異を起こし、

猫伝染性腹膜炎ウイルスになると考えられています。

 

突然変異が起こる原因は、

猫が生活上感じているストレスが

強く関与しているのではないかと言われています。

 

強いストレスのために免疫上の異常が起こり、

猫コロナウイルスが

猫伝染性腹膜炎ウイルスに変異するのだろうとされています。

 

しかし詳細は未だ不明です。

 

猫伝染性腹膜炎については解明されていないことが多く、

現在さまざまな研究が行われています。

 

スポンサーリンク

 

猫コロナウイルスはアルコールで消毒が可能

 

猫コロナウイルスが

猫の体内に入ってから排泄されるまでの流れは、

次のようなものだろうと考えられています。

 

感染初日には猫コロナウイルスは唾液の中にのみ認められます。

 

糞便中にはまだ排泄されません。

 

感染して2~3日後から糞便中にウイルスが排泄されるようになります。

 

抗体産生は感染18~21日後から始まります。

 

2~7ヶ月後にはウイルスの排泄が止まるのが普通とされています。

 

ウイルスの排泄が止まると、

その後は抗体価は陰性になります。

 

陰性といっても0になるわけではありません。

 

多くの猫がウイルスに感染した

7ヶ月後くらいにはウイルスの排泄が止まります。

 

ただし、

猫コロナウイルスに感染した猫の13%は、

生涯ウイルスを排泄し、

高い抗体価を維持する

ウイルスキャリアー猫になるとされています。

 

ウイルスキャリアー猫と猫伝染性腹膜炎との関係は解明されていません。

 

猫コロナウイルスは、

アルコールで消毒できるウイルスです。

 

こまめに掃除し、

しっかりと消毒することで

猫コロナウイルスへの感染はかなり抑えられます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ