猫エイズの寿命は?治療法は漢方薬やサプリ!?ワクチンの費用について!

猫エイズウイルスに感染したからといって

直ぐに猫エイズを発症するわけではありません。

 

猫エイズウイルスに感染すると、

急性期から無症状キャリア期を経てエイズを発症します。

 

感染から発症までの期間はおよそ4~5年と言われていますが、

中には10年以上発症しないまま天寿を全うする猫もいます。

 

スポンサーリンク

 

猫エイズの治療法としてのインターフェロン療法

ただし、

一旦猫エイズウイルスに感染してしまったら、

完治は望めません。

 

猫エイズウイルスに感染したら、

その時々の症状に合わせて、

インターフェロン、抗生物質、ステロイド、

非ステロイド性消炎鎮痛剤などを投与し、

対症療法を中心に治療を進めていくことになります。

 

くつろぐ茶猫

 

インターフェロンとは、

動物の体がウイルスに感染した時などに

体内でつくられるタンパク質の一種です。

 

抗ウイルス作用、抗腫瘍作用、

免疫増強作用の3つの働きがあります。

 

ウイルス感染が起こると、

まずは感染した動物自身の細胞から

内因性のインターフェロンが量産され、

抗ウイルスタンパクを活性化させて

ウイルスの増殖が抑制されます。

 

ただし、

ウイルスの感染量が多いと、

内因性のインターフェロンだけでは

十分にウイルスを抑制できなくなります。

 

そこで、外部からインターフェロンを

大量に投与して治療を進めることが必要になります。

 

インターフェロン療法の目的は免疫力の補強です。

免疫機能が活性化して機能を正常に保つ働きが増強されれば、

猫エイズを発症しないように働きかけることができます。

 

ただし、

症状が出現してからでは、

機能を正常に保つ働きの補強は難しくなってしまいます。

 

インターフェロンの投与は

感染初期が有効とされています。

 

スポンサーリンク

 

インターフェロン療法について

インターフェロン療法は、

感染時期と投与時期によって

効果に大きな差が出るとの研究結果もあります。

投与後に大きく発熱するケースも少なくありません。

 

一度発熱した猫には

再度投与することはできないとする獣医師もいます。
動物病院で投与される猫インターフェロンは、

もともと猫エイズのために開発された薬ではありません。

 

猫カリシウイルス感染症の治療薬として開発された薬です。

現在では猫エイズの治療にも使われています。

 

他にも猫ウイルス性鼻気管炎、

猫白血病ウイルス感染症、

猫伝染性腹膜炎などの治療にも使われています。

点眼薬、点鼻薬、注射などの形で投与されることが多いようです。

 

点眼薬や点鼻薬では週に1800円程度、

注射では1回に3000円程度掛かるとされています。

 

インターフェロン療法の効果については

まだ未知数であることから、

カリシウイルス感染症以外の

インターフェロン過剰投与については

疑問視する獣医師もいます。

 

猫エイズの治療でインターフェロンを使用する際には、

獣医師と十分に話し合うことが大切でしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ