小型犬に起こりやすい脳の障害とは?原因はアレだった!?

dog

近年の住宅事情などもあり、大型犬よりも小型犬を飼う方が増えています。

しかし、見た目が小さい上に、病気になりがちなどのイメージが有ると思いがちですが、これは大型犬と小型犬では大差はないようですが、細かく説明すると実際には小型犬だけに発症しやすい病気は確かに存在します。

その1つに「脳の病気」です。

いったいどんな脳の病気なのでしょうか?その原因とはいったい何でしょうか?

スポンサーリンク

小型犬に起こりやすい脳の病気とは?

小型犬に起こりやすい病気の一つに「水頭症」があります。

簡単に説明してしまうと「てんかん」と呼んでしまった方が、一般的で分かりやすいかもしれません。

この病気は脳の脊髄液が脳室に異常に溜まってしまう事で、脳が圧迫されてしまい、その為に脳が異常な状態になり、様々な影響を引き起こすと言うものです。

症状としては意識が遠くなってしまったり、けいれんなどの異常を起こします。

正確が荒く変貌したりもします。

▶︎なぜ春に狂犬病のワクチンを打つ事が多いのか?理由はアレだった!?

小型犬の脳の病気、その原因とは何か?

病気の原因などは、人間同様にさまざま存在します。

その中でも難しい原因なのが、「遺伝的」です。

これは生まれつきの先天性のものとなりますが、残念ながらてんかんを引き起こす遺伝子を現代では特定できていないからです。

そして、他の原因の中に「環境的」があります。

これは、その犬が日々暮らす環境などの問題がある場合を指します。

飼い主が家を留守にする事が多かったり、狭いゲージに閉じ込めてばかりでストレスが過剰にかかり、その身心ストレスで「てんかん」になる場合があるのです。

小型犬に限らず根本的にですが、犬は特にコミュニケーションが不足すると様々な病気になりがちな生き物と言われています。

その様な環境が保たれないと「てんかん」にもなりやすいのです。

スポンサーリンク

▶︎犬のてんかんの症状は?発作を起こした際の対処法について!

脳の病気の治療法とはどんなものがあるのか?

「遺伝的」でも「環境的」でも、「てんかん」には治療薬は存在します。

病院に行くと抗てんかん薬が使われる訳ですが、薬には未知数な副作用があることを十分に、認識しておくことも大事です。

小型犬も大型犬もストレスは、人と同じく病気の元になります。

飼ったからには犬とのコミュニケーションをきちんと取ってあげて、外にも出して遊ばせてストレス発散をしてあげてくださいね。

▶︎なぜ春に狂犬病のワクチンを打つ事が多いのか?理由はアレだった!?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ