犬・猫の花粉症に気をつけたい事は?食事で予防は可能?

hay fever

花粉症。それは近年、人間を大変悩ましてる病気の一つです。

症状が出ない人は幸せものですが、毎年花粉症に悩まされている人にとっては本当に辛いことでしょう。

花粉症は人間だけのものだと思っていましたが、どうやら他の動物も花粉症になることが分かってきています。

そうなると人間から一番身近な犬や猫はどうなのでしょうか?

自分の大事なペットが花粉症になっていたら、どう対処したら良いのでしょうか?予防などはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

犬や猫の花粉症、気をつけないといけないこと

まず、意外と知られていないことですが、花粉は、ほぼ1年中飛んでます。

2月~3月まではスギ花粉が飛びます。

そして4月~5月はヒノキ跳び、5月~10月はヨモギやブタクサが飛びます。

このように気が抜けない期間が長期間に渡って存在します。

もちろん、どの花粉でアレルギー症状になるかによっても、警戒しなければならない期間は違ってきます。

ですので、自分のペットがどの時期に花粉症を発症しているかを把握する事で、どの花粉でアレルギーが出ているかを特定できます。

実は近年、アレルギー性皮膚炎になっている犬が大変増えていると言われています。

もはや、人間だけでなく自分が飼っているペットにもそういった配慮が必要な時代と言えるかもしれません。

犬に限っては人間同様にアレルギー検査も可能です。花粉症のような症状があるようでしたら動物病院で検査してあげましょう。

 

スポンサーリンク

▶︎犬や猫の花粉症の症状は?人間の花粉症の症状と違うことも!対策は?

 

犬や猫の花粉症は食生活で花粉症は改善するのか?

犬や猫の花粉症は食生活を見直す事で予防できるのでしょうか?

答えとしては、「可能性はある」ということです。

動物病院の医師に聞くと、加工したもの、添加物を多く含んだドッグフードを避けることが予防に良いとのことです。

人間同様、昔は犬などの花粉症などといったことは存在すらしなかったと言います。

近年の外気も含めて、様々な変化がもたらした病気といえるでしょう。

人間同様に一緒に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

▶︎なぜ春に狂犬病のワクチンを打つ事が多いのか?理由はアレだった!?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ