犬は秋になると毛が抜ける!?抜け毛と病気の関係はあるのか?

犬の毛が生え変わる時期「換毛期」

犬の毛は季節に応じて生え変わることがあります。

これを「換毛期」と呼び、一般的には春と秋の2回にそれぞれ夏毛と冬毛に生え変わります。

 

スポンサーリンク

 

犬の毛にはオーバーコート(上毛)アンダーコート(下毛)という2種類の毛が生えています。

オーバーコートは皮膚の保護、アンダーコートは保湿や保温を担っています。

換毛期に大量に抜けて生え変わるのはアンダーコートの方です。

 

dog

 

換毛期は気温の変化や日照時間などで犬の自律神経の働きにより生え変わります。

ただし、犬種によってはアンダーコートがないワンちゃんもいて、この場合には換毛期がありません。

 

換毛期は春から夏への生え替わりが抜け毛の量が多いといわれます。

暑い季節を乗り切るため、薄着になっていると考えれば自然です。

冬の間は毛のサイクルが休止期に入るので、あまり抜け毛がありません。

 

しかし、最近はエアコンなどで気温を管理された環境で生活しているワンちゃんが多いため、換毛期が乱れてしまっている子も多いようです。

 

スポンサーリンク

 

▶︎犬が足を庇ったら病気の兆候!足の病気でかかりやすい病気ベスト3!

 

抜け毛が起こる病気は?

季節の変わり目に、ふわふわした柔らかい毛(アンダーコート)が抜けているなら、生理的な毛の生え替わりなので心配はいりません。

季節の変わり目から少しずれている場合、空調のせいで換毛期がずれてしまっていると考えられますが、室内飼いならまず問題はありません。

しかし、アンダーコートのない犬種や部分的な抜け毛が起こっている場合は、病気の疑いがあります。

アトピー性皮膚炎や、ノミやダニなどの寄生虫、真菌、細菌による感染症、内分泌系の疾患など、抜け毛の症状が出る病気があります。

これらの脱毛症では、オーバーコートまで抜けてしまい、地肌が見えてしまうことが多いです。

また、皮膚が赤や黒くなっていたり、湿疹ができていたり、といった症状もあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ