犬の病気!鼻水・くしゃみをするのはどんな病気!?

犬も風邪を引いて、
鼻水やくしゃみをする事があると思いますが、
症状が改善されない場合は風邪とは違う病気が
隠れている可能性が出てきます。

スポンサーリンク

「鼻水・くしゃみ」の症状がある病気をご紹介します。

 

犬の鼻水・くしゃみの病気について

・クリプトコッカス症
クリプトコッカスと呼ばれるカビ菌に
感染する事でおこる病気です。

犬 病気 鼻水
カビ菌による感染は、
普通の風邪を引いている場合等で免疫力が
低下している犬ほどかかりやすくなります。

感染した場合の症状は、
鼻水やくしゃみから始まり、
鼻に潰瘍が出来て腫れてしまうケースもあります。

重症化すると肺炎になったり
呼吸困難などの症状が出ます。
感染する部位によっては障害を
発症する危険があります。

治療方法としては、
抗生物質による投薬治療が一般的です。
スポンサーリンク

・ジステンパーウィルス感染症
犬の予防接種の種類の中に
「ジステンパー」という言葉があるので、
名前だけは知っているという人が多いものです。

ジステンパーウイルス感染初期の症状として、
鼻水、くしゃみ、目やに、40度前後の熱、
食欲不振などの症状が見られます。

そして咳が出るようになると呼吸器に負担がかかり始め、
嘔吐、下痢の消化器系の症状を発症します。

最近の二次感染によって症状が悪化し、
後遺症が残る可能性が大きくなります。

・鼻炎
人間にも非常に多い病気のひとつですが、
アレルギー性鼻炎という可能性が考えられます。

鼻水やくしゃみを頻繁にする、
一定の期間中だけ集中して鼻水やくしゃみを繰り返す、
というような状態は鼻炎の可能性が高くなりますので
かかりつけ医に相談してみる事をお勧めします。

投薬治療で症状が軽くなる事もあります。

その他にも鼻水やくしゃみから
始まる病気は沢山ありますが、
犬の様子を毎日チェックして
体調管理をしてあげる事が大切です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ