犬が病気で震えのは何故?

犬が病気で震える原因は、
病気によって様々です。
考えられる病気の原因をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

犬が震える病気について

・熱がある状態
犬でも風邪を引いたり、
その他の病気が原因で高熱が出ている時に
震える場合があります。
もともと体温が高いのが特徴ですから、
かなりの高熱の状態で震える事があります。

・血糖値が下がってしまった状態
肥満により糖尿病などの
病気にかかってしまう犬が多くなっている現代は、
血糖値が低下してしまうという原因でも、
震える事があります。
日頃から食事の量と運動を適度に調整して管理する事が大切です。

・気持ちが悪い状態
吐き気がする等の状態の時に、
震えを伴う場合があります。
吐き気の原因は、乗り物酔い、食べ過ぎ、
薬の副作用等があげられますので、
注意してみてあげる必要があります。

スポンサーリンク

・中毒症状の状態
犬が中毒を引き起こす食べ物は、
人間の食べ物の中には沢山あります。
誤って食べてはいけない物を
食べてしまった時等に震える場合があります。
中毒の場合は、
嘔吐や下痢や痙攣等の症状が出る事が多く、
疑いを持ったらすぐに動物病院を受診しましょう。

・ホワイト・シェイカー・ドッグ・シンドローム
あまり聞き慣れない病名ですが、
小型犬の中でも白色の毛並みの犬種に多く発症する病気です。
何が原因で発症するかという事は、
現在の医学では解明されていないようです。

・老衰による震えの状態
老衰によって体力が落ちてしまった場合、
立つだけでも震えてしまう場合が多くあります。
手足が弱ってきたり、
体温の調節が出来なくなってきますので、
飼い主が様子を見ながら調整してあげてください。

・痛みによる震えの状態
身体のどこかが痛い場合でも震える事があります。
関節の病気の場合は、
震えが強くなっていくケースもあります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ