犬の病気!?足を引きずる!歩き方がおかしい原因は!?

犬の病気の症状で、
足を引きずる・
歩き方がおかしい?
という場合に考えられる病気を
ご紹介してみます。

スポンサーリンク

・糖尿病
近年の犬の病気の中でも、
多くなっている傾向にある病気のひとつです。

原因のひとつに生活習慣が
人間化してきた状況が考えられています。

内臓の細胞が何らかの原因で
傷つく事から肝炎になる可能性も出てきます。

初期症状として、
水分の過剰摂取・
下痢・
嘔吐等が見られます。

後期で進行してしまった状態になると、
足を引きずったり、
上手に立つ事が出来ない等の
歩行困難の状態も出てきます。

犬の糖尿病は、
発見が遅れてしまうケースが多く、
日頃から体調の管理を
しっかりとしてあげる必要があります。

動物病院では、
主に投薬治療が行われます。

家庭では食事療法で気をつけていきましょう。

Young woman in wellies walk her dog

・フィラリア
犬の予防接種でも知られている
「フィラリア」という寄生虫に感染した場合、
歩き方がおかしくなるケースが考えられます。

蚊から感染してしまう事が多い病気です。

犬の体内で成長していきますので、
血液の流れが悪くなったりする事で、
足を引きずるような症状も発症してしまいます。

症状は急速に進行していく
可能性が高い感染症の為、
早期発見で動物病院を受診する必要があります。

進行してしまうと命を落とす危険が
高い病気のひとつです。

 

スポンサーリンク

 

・胃潰瘍
犬の胃潰瘍の原因は、
肥満・細胞腫・腎不全とされています。

人間の場合は多くが
ストレスによるものだと言われていますが、
動物は人間が食事等を管理している為、
餌の与え過ぎによる肥満等が考えられるからです。

胃潰瘍の初期症状は、
嘔吐・下痢などですが、
進行していくと血便等に繋がり、
非常に危険な状態になります。

早めに動物病院の受診をする事が求められます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ