犬の病気できものは皮膚病や皮膚がんなのか!

犬の病気のひとつに、
皮膚の病気が多い事も知りました。

皮膚の病気の特徴として、
痒みがあり掻いてばかりいる状態があげられます。

スポンサーリンク

犬の皮膚病

犬の皮膚病の症状の中でも痒みを伴う病気が多く、
50パーセントの確率で、
何らかの皮膚病の可能性が出てきます。

首をかく犬

また、掻く部分にできものが
出来ているケースもあります。

愛犬の痒みについては、
動物病院へ行っても
直ぐに病気が分からないという
場合が多くあります。

舐める・咬む・吸う・
引っ掻くというように、
愛犬の状態が
どのような掻き方をしているのか
把握する必要があります。

掻いている姿を
動画で撮影して受診する事も
おススメの方法として上げる事が出来ます。

動画で見せて説明する事で、
獣医さんにも症状や状態が分かりやすく
伝える事が可能になるからです。

スポンサーリンク

皮膚病の種類について

皮膚病の種類によっては、
頻繁に痒がる時間帯があったりする
可能性も出てきます。

例えば、
夜痒みが強い状態でしたら
「アトピー性皮膚炎」
可能性が出てくるようです。

時間帯によって違ってくる
痒みの主な原因は
「アレルギー」によるものだと
言われていますので、
注意して観察する必要があります。

時間帯的な痒みではない状態では、
アレルギー以外の皮膚病が考えられます。

耳の垂れている犬種に
多く見られる皮膚病のひとつに、
湿気によるカビ菌の繁殖という状態もあるようです。

シャンプーした時
耳に水が入ってしまったりする事が
原因とされていますので、
シャンプー後は耳の内側まで
しっかりと乾かしてあげる事が大切です。

犬の皮膚病の多くは、
投薬治療によって改善されてきます。

アレルギー性の場合は
継続して薬が処方される事も多いみたいです。

大切なポイントとして、
常に皮膚を清潔に保つ必要があります。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ