犬の熱中症!後遺症が残るかも!?対策や症状について!

スポンサーリンク

暑い時期には熱中症のニュースが多く聞かれますよね。

でも、熱中症になるのは人間だけではありません。

特にワンちゃんは熱中症になりやすく、重症化しやすいんです。

dog

気をつけたい犬の熱中症

犬はもともと寒冷地に住んでいた動物です。

ですから、暑さには弱いんです。

もちろん、犬種によっては暑い地域出身の犬もいますが、基本的に暑さに弱いと考えてください。

犬には汗腺がありません。

ですから、人間のように汗をかいて体温を調節することができません。

では、どうやって体温調節をおこなっているかというと、舌を出して激しく呼吸していることがありますよね、あれです。

体内の熱を呼気と一緒に吐き出して、冷たい外気を取り込むことで体温を下げようとしているんです。

ただし、この体温調節法は温度と湿度が高いと、あまり効果がありません。

高温多湿になる日本の夏は、犬の体温が上がりやすいんです。

犬の熱中症は激しく苦しそうに呼吸をして、大量によだれを出している初期症状から始まり、けいれん、ショック症状、意識障害などの重い症状が起こると、最悪の場合命を落とすこともあります。

重症になると助かっても後遺症が残ることがあるので、本格的な夏が来る前から(梅雨時期)愛犬の体調には注意する必要があります。

スポンサーリンク

▶︎犬の夏バテの症状は?食欲不振・下痢・嘔吐!対策は?

犬の熱中症対策

熱中症の後遺症で最も怖いのは脳障害です。

上がり過ぎた体温は、脳を作るたんぱく質を変性させてしまいます。

このとき壊れてしまった細胞は、もう二度と元に戻りません。ゆで卵を生卵にすることができないのと一緒です。

脳障害が起きると首が傾いたままだったり、まっすぐ歩けなくなったり、けいれんやてんかん発作を頻繁に起こすことにもなります。

症状が出てから行動するより、予防に重点を置いた方がよいでしょう。

普段以上に水分補給をこまめに行う必要があります。

また、締め切った部屋や車内に放置するのも絶対にやめてください。

外飼いの場合は風通しの良い日陰に入れるようにしてあげることが重要です。

室内飼いで気をつけたいのはエアコンの使い方です。冷房よりも除湿のほうが、犬は体温調節がしやすいです。

▶︎犬にあせもが出来るのか?治療や対処法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ