犬の夏バテの症状は?食欲不振・下痢・嘔吐!対策は?

今年も暑い日が続いています。

夏バテしている人も多いのでは?愛犬の体調はどうですか?犬も人間同様、夏バテします。

むしろ、人間以上に夏の暑さに弱いのが、犬です。

犬は、もともと寒さには強いものの、暑さには弱い動物です。

汗線も、足の裏にしかありません。

夏には、他の季節以上に愛犬の体調には気を配ってやりましょう。

 

スポンサーリンク

 

食欲が落ちたら夏バテと考えてよい⁉︎

Dog with straw hat

犬の夏バテの症状としては、以下の6つがあげられます。

1.散歩に行きたがらなくなる、散歩している時に歩く速度が遅くなる

2.元気がなく、飼い主が呼んでも来ない、ぐったりしている

3.寝ている時間が増える

4.食欲が減る

5.下痢や軟便など、便の状態が変わる

6.嘔吐

夏バテが重症化するほど、番号の数字が大きな状態が現れます。

夏バテがはっきりすることが多いのが、食欲不振。

夏場に愛犬が食べ方を少なくしたら、真っ先に夏バテを疑いましょう。

食欲が落ちると、普段の半分以下しか食べなくなることもあります。

 

スポンサーリンク

 

▶︎犬は秋になると毛が抜ける!?抜け毛と病気の関係はあるのか?

 

夏バテかな⁉︎注意してやりたい5つのこと

1.散歩は時間帯とルートを変更。

地面からの照り返しがひどい時間帯を避けるようにしましょう。

朝一番や夜、夕立が上がった直後などがお勧めです。

ルートも日陰が多い場所や砂地があるところを選ぶようにしましょう。

 

2.屋外で飼っている場合には、犬が涼しく過ごせるように工夫。

犬小屋の場所を変えることができるようなら、日陰に移してやりましょう。

犬小屋を移せない場合は、遮光カーテンをかけたり、すだれを掛けたりすると、少しは違います。

ペットボトルに水を入れて凍らせ、タオルに包んで犬小屋に入れてやるのも良いでしょう。

 

3.屋内で飼っている場合は、湿度にも注意。犬は、足の裏にしか汗線がありません。

人間のように全身に汗をかくわけではなく、舌を出して荒い息遣いをし、唾液を出して体温を下げようとします。

湿度が高いと、唾液を出しても蒸発がうまくいかず、体温が下がりません。

湿度は50~60%が適当とされています。

室温は、27~28℃くらいで十分です。

エアコンを強くすると、冷たい空気が床に溜まって、犬の体が冷えてしまいます。

そうすると、散歩の時に大きな温度差が生じて、夏バテの原因になります。

冷やしすぎは避けましょう。

 

4.食欲が増す工夫が大切。

ご飯は夕方になって涼しくなってからあげるようにしましょう。

水分が不足しないように、ドライフードにぬるま湯を注いで、ふやかしてから与えると良いでしょう。

食欲が落ちている時には、ササミを茹でて冷まし、小さく裂いたものをトッピングすると、食欲が増すでしょう。

ササミを茹でた残り汁をドライフードに注いでも香ばしい匂いがして喜ぶはずです。

 

5.こまめなブラッシング。

犬は毛に熱を溜め込みやすいので、こまめにブラッシングして、余計な毛を取ってやると、風通しが良くなります。

毛が浮いているようなら、すぐにブラッシングしてやりましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ