犬(コーギ・ダックス)のヘルニアの初期症状と種類!

脚が短い犬種に多い椎間板ヘルニア

背骨は短い骨が連なって形成された部位で、

この短い骨と骨の間に椎間板と呼ばれるクッションのようなものが挟まっています。

 

この椎間板が変性して突出してしまい、

背骨(脊椎)にある太い神経を圧迫することがあります。

 

これが椎間板ヘルニアです。

 

神経が圧迫されると、

痛みがあったり痺れが起こったりします。

 

背骨は首から腰まで背中全体を貫いており、

どの部分でも椎間板ヘルニアになる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

この椎間板ヘルニアは、

ダックスフント、コーギー、

シーズーなど手足の短い遺伝子を持っている

犬種がなりやすいと言われます。

 

これらの犬種は椎間板が変性を起こしやすく、

また一般的には老化によって発生する椎間板ヘルニアが、

若いうちに発生しやすいことがわかっています。

 

まだ若いから、

まだ元気だからと油断せずに、

日々ワンちゃんの体調に気を配るようにしてあげましょう。

 

corgi

 

犬の椎間板ヘルニア初期症状

頚部(首)、

胸腰部で少し初期症状が異なります。

 

椎間板ヘルニアの初期段階には痛みしか症状がなく、

ワンちゃんの場合言葉で「痛い」と伝えられないので、

飼い主さんの観察でしか発見することはできません。

 

重度になると立ち上がれなくなったり、

排尿・排便が困難になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

《胸腰部椎間板ヘルニア》

・よたよたとふらつくように歩き、腰が左右に揺れている。

・抱こうとすると嫌がる。(吠えたり、唸ったりする)

・ソファや階段などの上り下りができなくなった。またはやりたがらない。

・散歩の途中で歩かなくなる。

 

《頚部椎間板ヘルニア》

・うなだれたように歩き、上目づかいである。(首が動かせない)

・首の周りに触られたがらない。

・リードを嫌がったり、引っ張ると痛がる。

 

初期に発見できるとその分治りも早く、

ワンちゃんの負担も軽減できます。

 

ブラッシングや遊びの中で、

体を触ってあげて嫌がる部分がないかチェックしておきましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ