犬の皮膚アレルギー!原因は食べ物?症状が出た時に気をつけたい×××とは?

dog

犬にもアレルギーがあることをご存知ですか。

いったい、何が原因で、どんな症状が出るのでしょうか。

そして、もし愛犬がアレルギー症状を起こしてしまった時は、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

スポンサーリンク

犬のアレルギーの原因は? 症状はどんなもの?

犬のアレルギーは体に入ってきた悪影響のない物質に、免疫細胞が反応してしまうことで起こります。

これは人間のアレルギーが起こる仕組みと一緒です。

犬の場合は食べ物が原因になるよりも、ノミや空気中のアレルゲンに反応することが多いですが、食べ物のアレルギーがまったくないわけではありません。

食べ物のアレルゲンには牛肉、小麦、乳製品、卵、トウモロコシなど、ドッグフードに含まれるものが特に顕著だといわれています。

アレルギー症状は激しいかゆみやそれを伴う脱毛が、特に耳、背中、腹、足の先などに見られます。また、目が赤くなったり、涙が出たりという症状も出ます。

時々、下痢や嘔吐をアレルギー症状だと勘違いしている人もいますが、これは食物不耐性というまた別の病気によるものであると考えられます。

アレルギーによる症状はかゆみなどが主になります。

スポンサーリンク

▶︎犬・猫の花粉症に気をつけたい事は?食事で予防は可能?

愛犬にアレルギー症状が出たときは?

アレルギー症状が出たときには、何がアレルゲンになっているかを確かめる必要があります。

一番いいのは、かかりつけの獣医師に診てもらって、除去食を食べさせることです。

これは除去食給与テストといい、除去食のみを2ヶ月ほど与えて症状が緩和するかを確かめます。

除去食給与テストを行っている間は、指定された除去食しか食べさせてはいけません。

特におやつや人間の食事を与えると、何がアレルゲンになっているか判断できなくなるので注意してください。

アレルゲンが特定できたら、その物質から遠ざけるようにしましょう。

特に食事によるアレルギーの場合は、アレルギー専用のフードかアレルゲンを含まない手作りフードを食べさせる必要があります。

犬がアレルギー症状を出していないかは、普段からよく犬の様子を観察し、特にブラッシングなどを行うときは、脱毛がないか炎症が出ていないかを確かめてあげてください。

▶︎犬の脳腫瘍の症状は?手術費用はどの位かかるのか?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ