犬や猫のがんの治療費について!末期がんの暖和や完治の可能性について!

近年、ペットが癌に罹ることも多くなってきました。

高齢のペットの死因に占める癌の割合は

年々増加していると言われています。

 

愛犬、

愛猫の体調管理は

しっかりしているつもりだったのに、

ある日食欲も元気も無いので、

動物病院を受診させて検査をしてもらったところ、

癌だと診断され、

獣医師から末期だと告げられたという人も少なくないようです。

 

スポンサーリンク

 

ペットが末期癌と宣告されたとき

癌の治療方法には、

手術療法、抗がん剤による化学療法、

放射線療法、免疫療法、

代替療法の5通りがあります。

 

癌が体のどこに発症したのか、

どのような種類の癌なのか、

進行が早いタイプなのかといったことについての説明を、

まずはしっかりと受けることが必要です。

 

治療方法の選択肢を決める条件だからです。

 

癌の種類によって治療方法はある程度絞られてきます。

 

たとえばリンパ腫は、

抗がん剤に非常によく反応してくれます。

 

リンパ腫では約80%の症例で

抗がん剤が効果を上げているとされています。

 

抗がん剤を用いた治療を行った場合、

約半数の犬が1年後も生存しているとの報告もあります。

 

ただし、抗がん剤には、

下痢、嘔吐、免疫力の低下、

脱毛といった副作用もあります。

 

副作用のために入院が必要になるケースも10%近くはあるとされています。

 

自分のペットの体力や年齢を考え合わせた時に

受けられる治療法なのかどうかということは、

獣医師とよく相談する必要があります。

 

ミニチュアダックス

 

ペットの治療にかかる費用についても

事前に説明を受けることが大切です。

 

癌の手術と抗がん剤治療で、

半年で100万円近く必要になるという話もしばしば聞かれます。

 

大切な家族の一員としても、

その治療費をめぐる意見の食い違いが元で、

病気のペットが家族間の齟齬を

敏感に感じるような状況は避けたいものです。

 

治療費について納得したとしても、

ペットの望む生活と

オーナーの思いとが食い違うケースも少なくありません。

 

オーナーとしては、

精一杯のことをしてやりたいと純粋に願います。

 

ただし、

その努力が結果として、

残された時間を

ペットにとって辛いものにしてしまったという

後悔の声もしばしば聞かれるところです。

 

スポンサーリンク

 

たとえば、

放射線療法を行うためには

毎回全身麻酔をしなければなりません。

 

治療を受ける間、

ペットはじっとしていられないからです。

 

大好きな飼い主と離れて

大嫌いな病院で辛い治療ばかりを受ける

日々が本当に犬の望むことだろうかと述べる獣医師もいます。

 

「犬は人間のように過去や未来に生きているのではなく、

今を生きている。

だから、

犬が今を楽しく生きられるようにしてやるのが一番。」

と言うトレーナーもいます。

 

末期の癌と宣告されたペット自身は治療方法を選べません。

 

オーナーが決断の重みに耐えることが求められます。

ペットとの残された時間をどのように過ごしたいのか、

ペットをどのように見送ろうとしているのかといった

オーナーの考え方が全てを決めます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ