犬がうつ病になるって本当?症状は人間と同じなのか?原因や治療法について!

近年、現代人にとって問題視されているのが精神的な病気です。

年齢、性別関係なく、幅広い層でこのような病気を抱えて居る方がいると言われています。

そんな中、普段、我々が飼っている動物も、実は精神的ストレスをかなり抱えていることが分かっているようです。

例えば一番身近な犬なども、飼う環境によっては物凄く精神的負担を与えていると言われています。

調べてみると数多くの犬たちが「うつ病」と診断されてもおかしくない状況なくらい深刻な問題のようです。

はたして、自分で飼っている犬は大丈夫なのでしょうか?

原因や治療法などを理解して、大事なペットを守りましょう。

 

スポンサーリンク

 

うつ病になる原因とは?

dog

犬がうつ病になる原因、それらは人間と同じように様々ありますが、良くある大きな原因として、日常で留守番ばかりの状態。

飼い主も居なく、家で1人で居る場合のストレスは計り知れません。

誰ともコミュニケーションが取れない日常は、人間だったかなりの苦痛だと思います。

犬も同様に、誰とも接することが出来ない環境では、計り知れないストレスを抱えることになります。

そして、飼い主との関係性も大事です。

飼い主との関係がうまくいっていない場合、犬はストレスを抱えます。

 

スポンサーリンク

 

▶︎犬がなりやすい小腸の病気とは?早期発見のポイントについて!

 

犬のうつ病に対しての治療法とは?

留守番ばかりの環境だと犬は寂しく悲しくなります。

その環境を変えられる条件下であれば、改善して犬にとって寂しくならないようにしてあげましょう。

留守番中、犬が快適に過ごせるように室内の温度を気にしてあげたり、音楽などを流してあげるのも良いと言われています。

人間の家族同様に、犬をきちんと家族と認識してあげ、名前を呼び、しっかりとスキンシップを取ってあげて下さい。

毎日自分の子供の世話をするのと同様な感覚で良いと思います。

頭を撫でてあげたり、好きな遊びで遊んであげたり、散歩などで運動をさせてあげたりと、良い環境作りを構築してあげましょう。

そうしてあげる事で、犬も幸せな気持ちで暮らせると思います。

 

▶︎犬の腸捻転の症状や原因は?治療法や予防対策はこちら!


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ