犬の回虫症の症状や原因は?人間への感染の心配は!?

犬や猫の回虫症は、

ペットに寄生する回虫という虫によって引き起こされます。

 

人間にも人回虫があり、

動物にはそれぞれに適応した回虫が存在しています。

 

回虫は小腸の中におり、

栄養を得ています。

 

適切な組み合わせが守られ、

大量に寄生されない限りは、

比較的穏健な寄生虫だと言われています。

 

スポンサーリンク

 

犬や猫の回虫症の症状と対策

犬や猫の回虫が犬や猫に感染していても、

目立った症状が現れないことがほとんどです。

 

ただし、

幼犬に多数の成虫が寄生した場合は、

お腹が異常に膨れる、

下痢や嘔吐、便秘や腹痛、

食欲不振、食べ物ではない物を食べる、

元気がない、発育不良、痩せる、

貧血、皮膚がたるむ、毛艶が悪い、

吐く息が甘いといった症状が現れます。

 

犬や猫に合った抗線虫薬を投与することが治療になります。

 

Veterinarian dripping ear puppy German Shepherd

 

糞便中に含まれる虫卵が原因になる他、

回虫に感染した母犬や母猫からの

母子感染も回虫症の原因となります。

 

母犬や母猫の母乳に混じって、

子犬や子猫の体内に回虫が入り込むわけです。

 

体内に回虫の幼虫が寄生している雌犬が妊娠すると、

胎盤を通して子犬にも感染します。

 

猫では胎盤感染はありません。
犬も猫も母子感染の可能性があるため、

 

特に幼犬・幼猫期の駆虫が重要です。

 

胎盤感染した場合は、

生後3週目から糞便中に虫卵が排泄されるので、

全ての子犬に対して生後3週齢までに

駆虫薬を投与するのが望ましいとされています。

 

その後も、

3ヶ月齢までは2週間おきに再投与を行い、

3~6ヶ月齢では1ヶ月に1回の駆虫薬投与が

望ましいと言われています。

 

6ヶ月齢以降は、

定期的に駆虫するのが望ましいとされています。

 

子猫については、

胎盤感染がないため、

最初の駆虫薬投与は生後6週齢とされています。

 

その後の駆虫薬投与間隔は犬の場合と同様です。

 

スポンサーリンク

 

人間への危険性は?

犬や猫に寄生する回虫が人間に感染することもあります。

動物それぞれに適応した回虫が寄生している限りは、

通常大きな問題は生じません。

 

厄介なのは、

組み合わせが守られなかった場合です。

犬や猫の回虫が人間に感染することもあります。

 

犬や猫の回虫が誤って人間の体内に侵入した場合、

成虫にまで発育することはできません。

 

幼虫のまま体内を移行して内臓や目などに侵入し、

「幼虫移行症」もしくは

「回虫移行症」と呼ばれるさまざまな障害を引き起こします。

 

回虫に感染した犬や猫の糞便中に

排出された虫卵が口から入った場合、

幼虫移行症(回虫移行症)の原因となります。

 

砂場で遊んだりガーデニングの作業をした後に

手をよく洗わないまま食べ物を口にした場合などに、

回虫の虫卵を摂りこむことが考えられます。

 

手洗いの励行、

清潔な調理といった日常的な注意を払うことも大変重要です。

 

また、

ニワトリなどの肝臓に

回虫の幼虫が潜んでいることもありますので、

レバーの生食も控えたいところです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ