犬や猫のジステンパーの症状や治療法!予防接種は必須か?

犬の病気の中で恐れられているのがジステンパーです。

発病率は25~75%。

 

感染した場合、

栄養状態の悪い犬では死亡率は50~90%とされています。

 

3歳未満の若い犬に発症することが多いのが特徴です。

 

ジステンパーウイルスは、

人間のはしかウイルスに似たウイルスです。

 

アルコールや石鹸といった

通常の消毒法で死滅する比較的弱いウイルスですが、

寒くて乾燥した環境では寿命が延びることが知られています。

 

室温での寿命は7~8日、

気温が4度では約2ヶ月、

−10度では半年以上も生存します。

 

スポンサーリンク

 

愛犬をジステンパーから守るには

ジステンパーは、

ウイルスに感染した犬のくしゃみや分泌物によって広がります。

離乳期頃の幼犬に感染することが非常に多いとされています。

7種混合ワクチンの中に組み込まれている

ジステンパーウイルスワクチンでほぼ100%予防することが可能です。

 

ただし、ワクチンをまだ接種していない子犬はもちろん、

必要な回数のワクチン接種を済ませていない子犬が、

新しい飼い主の家に来るまでの間に

どこかでウイルスに感染していることもあります。

 

veterinary surgeon is giving the vaccine to the dog German Sheph

 

ジステンパーの症状は、

発症した時期によって3種類に分けられます。

 

幼犬を中心にみられる急性症、

急性症が一旦治ったかに見えた後の亜急性の発症、

成犬になってみられる慢性疾患の3種類です。
急性症の特徴的な症状は、

感染後2週間くらいの頃に現れます。

 

発熱、鼻水、咳、結膜炎、下痢、嘔吐、

脱水などの症状が見られます。

 

このような症状に先立って

感染後1週間くらいの頃に39.5~40.5度の発熱がみられますが、

平熱に戻ってしまうため、

最初の発熱は気付かれないこともしばしばあります。

 

鼻や目からの分泌物は次第に膿のような状態になっていきます。

この段階で皮膚炎の症状を示すこともあります。

皮膚炎は免疫が働きだした証拠とされています。

皮膚炎の症状を示した犬の一部は回復することもあります。

 

スポンサーリンク

 

中年犬に見られる慢性疾患

急性症から回復した後、

数週間から数カ月経ってから神経症状を示す犬もいます。

 

よだれを垂らしたり、

頭を振ったり、

チューインガムを噛んでいるような

行動をするといった短い発作が特徴とされます。

 

急性期にはあまりはっきりとした症状を出さず、

ウイルスに感染して

数カ月経ってから神経症状を示す犬もいます。

 

脳の中にウイルスが潜んでいたために起こる症状で、

亜急性の発症と呼ばれています。

 

6ヶ月齢より若い犬で、

突然原因不明の痙攣などの神経症状が見られた場合には、

ジステンパーの亜急性発症が疑われます。

 

この時点で死亡する犬もいます。

回復しても神経に障害が遺ることがあります。

 

慢性疾患は、

4~8歳の中年の犬に見られます。

 

慢性疾患は徐々に進行していき、

時に痙攣や麻痺を示します。

 

ジステンパーはワクチンでほぼ100%予防できます。

しかし、ワクチンを接種する前に感染が起こり、

急性期がほとんど無症状で経過した場合、

遅れて亜急性または慢性の症状が出るため、

あたかもワクチンが効かなかったように見えるので、

注意が必要です。

 

ジステンパーウイルス自体を攻撃する治療薬はありません。

 

そこで、発症した場合は、

抗生物質で細菌の二次感染を抑えたり、

下痢や嘔吐、

痙攣などの症状を緩和する薬剤を

投与する対症療法を行うことになります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ