犬の回虫症の感染経路は虫卵?胎盤感染や緑内障も!治療薬は!?

犬や猫の回虫は人間に感染することもあります。

感染経路は2つあります。

 

1つは、

犬や猫の糞便から排出された虫卵を

口から取り込んで感染する場合です。

 

もう1つの感染経路は、

犬や猫の回虫に感染した家畜の肝臓や

肉を生で食べて感染するというものです。

 

スポンサーリンク

 

犬や猫の回虫が人間に感染すると

回虫の虫卵を口から取り込んでしまう場合としては、

公園の砂場で遊んだりガーデニングの作業をした後、

十分に手を洗わないで食べ物を口にするケースが考えられます。

 

公園の砂場には犬や猫の回虫の卵があることが多いと指摘されています。

 

東京の公園の砂場の42%から

猫回虫の卵が見つかったと報じられたこともあります。

 

かなりの汚染率です。

 

高い汚染率が報じられて、

砂場の砂の消毒がなされたり

猫が侵入しない砂場づくりがなされたりしました。

 

食事前の手洗いも励行され、

幼児が犬や猫の回虫に感染することは減ってきました。

 

young asian woman and dog lifestyle image

 

近年問題が深刻になってきているのはもう1つの感染経路です。

グルメブームに乗り、

ストレスの少ない環境で育てた家畜に注目が集まっています。

 

地鶏や放し飼い農法で飼育した畜産物の需要は高まっているようです。

 

しかし犬や猫の回虫に汚染された糞便が

自然農法の環境内にあると、

その虫卵がニワトリやウシ、

ブタに取り込まれる危険性は高くなります。

 

犬や猫の回虫が本来の寄生主でないニワトリやウシ、

ブタに感染すると、

回虫は成虫にまで発育できず、

寄生主の腸を食い破って筋肉や内臓に移動します。

 

殊に肝臓に移動することが多いとされています。

 

筋肉や内臓に移動した回虫はそこで数年間生き続けます。

 

犬や猫の回虫が感染した家畜の肉や肝臓を生食すると、

人間も感染します。

犬や猫の回虫に感染した家畜の肉や肝臓を生食した場合の方が、

問題は根深いとの報告もあります。

 

犬や猫の回虫が人間に感染した場合、

健康で免疫力が正常な成人なら、

ほとんど問題は無いと言われています。

 

しかし、免疫力の低下した人や幼児では、

虫卵が腸の中で孵化し、肝臓や目、

神経など、

全身の臓器に移動してさまざまな症状が出てしまうことがあります。

 

幼虫移行症もしくは回虫移行症と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

 

犬や猫の回虫が内臓に侵入した場合は、

発熱や全身の倦怠感が現れ、

食欲不振に陥ります。

 

肺に侵入したら咳や喘鳴が引き起こされます。

 

脳に達すると、

てんかんに似た発作を起こすこともあります。

 

神経に侵入した場合は運動障害が起こることがあります。

目に回虫が侵入することもあります。

 

網膜脈絡炎、ブドウ膜炎、網膜内腫瘍、硝子体混濁、

網膜剥離による視力や視野の障害などが引き起こされます。

 

失明したケースも報告されています。

 

犬や猫の回虫の幼虫が

人間の体内に侵入した場合の確実な治療法は、

まだ確立されていません。

 

目に侵入した場合、

レーザーによる凝固法が行われていますが、

確実な治療法として確立されているわけではありません。

 

冷凍しても虫卵は生き残ります。

 

ニワトリやウシ、

ブタの肉は加熱調理するのが無難です。

レバーの生食は控えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ