夏ペットの留守番で気をつけたい事!室内での熱中症に要注意!

スポンサーリンク

ペットを飼うと、旅行に行くのをためらうという人は、多いようです。

餌は十分に用意してやっていても、留守中に予想外の事が起きるのではないかと、不安になるためです。

予想外の事が起こりやすいのは、夏。高温多湿の日本の夏は、室内で留守番をするペットには、負担が大きいものです。

特に注意が必要なのが、熱中症。

夏、留守番をするペットを熱中症から守るには、どのような事に気をつけると良いでしょうか?

dog

湿度を下げることが、より重要

熱中症にかかりやすい犬の場合を中心に、注意点を整理しましょう。

高温と多湿の2つの悪条件が重なれば、熱中症にかかります。

では、温度と湿度のどちらが、より重要度が高いのか?どちらかを優先させるとしたら、湿度です。

犬が快適に過ごせるのは、室温25℃前後、湿度50%前後とされています。

仮に室温を22℃まで下げたとしても、湿度が60%に上がると、犬にとっては、熱中症の危険性が出てくるとされています。

健康な壮年期の犬なら、湿度が60%近くでもやり過ごすことができますが、老犬や病弱な犬の場合は、湿度を50%に近づけることが大切です。

特に注意が必要なのが、大型犬の長毛種です。

長毛種は、空気がこもりやすく、湿度が高いと肺に熱がこもってしまいます。

エアコンの除湿機能を活用しましょう。

体温調整が必要になったというサインは、あえぎ呼吸。

いわゆるパンティングです。

舌を出してハアハアやりだし、よだれを垂らすようになったら、すぐに温度と湿度を下げましょう。

犬は汗をかきません。

汗の代わりを果たすのが、唾液です。

よだれを垂らし、唾液を乾かすことで、体温を下げています。

スポンサーリンク

▶︎犬や猫に効果的な夏バテ治療!飼い主として知っておきたい事とは?

留守番中に熱中症にかからないようにするための3つの工夫

1.遮光性カーテンを締めて、風通しを良くすること。

ケージが日陰に置かれていても、室内に直射日光が射し込むと、室温は急上昇します。

遮光性カーテンを締めましょう。

ケージは、窓から離しておきます。

室内の風通しを良くすることも大切です。

高窓や格子付きの窓、通気口などは、できるだけ開けるようにしたいものです。

猫なら、風通しを良くしただけで、十分、快適に過ごせるようです。

ただし、防犯上、問題が生じる懸念がある場合は、エアコンの除湿機能を利用しましょう。

2.エアコンを適度に活用すること。

特に蒸し暑い日には、留守番中は、弱冷房に設定してエアコンをつけておくことも必要でしょう。

犬のケージや猫の避難場所は、エアコンの風が直接当たらないようにしましょう。

猫なら、床より少し高めの場所に、四方を囲った場所を用意してやると、良いでしょう。

3.ペット用の冷却グッズを利用すること。

最も手軽なのが、ペットボトル氷。

ペットボトルに入れる水の量は、7分目。

ペットボトルを少し凹まし、空気を抜いた状態でフタをします。

冷凍庫に一晩入れれば、完成。

ペットボトルのフタに興味を持ち、遊びたがる犬もいます。

フタが見えないように、タオルで十分に覆いましょう。

市販の冷却マットも便利です。ただし、噛み癖があると、保冷剤が出てしまいます。

噛み癖があったり、大型犬の場合は、大理石のような石材の板を敷いてやると、体温がうまく下げられるようです。

▶︎犬のクーラー病の症状は?対策や治療法について!


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ