猫の高齢での夜鳴きは?

人間は高齢になると

認知機能に障害が生じてしまい、

いわゆる認知症となってしまうのですが、

実は猫にも

認知症のような症状が出ることがあります。

 

はっきりとしたことは

分かっていない部分も多いのですが、

猫は高齢になるとさまざまな機能が衰えてしまい、

結果的に痴呆のような症状となるケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

高齢の猫の夜鳴きは痴呆なのか?

 

特に最近は猫の平均寿命が長くなっているために、

以前までならば生きることができなかった

年齢の猫がたくさん存在しています。

 

そうなると、

突然夜に鳴き出してしまうようなことがあります。

 

Black and white cat resting by lake

 

もちろん猫が夜鳴きしたからといって

必ずしもそれが痴呆であるとは限りません。

 

しかし、

高齢の猫が夜鳴きした場合には

認知症となってしまったと考えればいいでしょう。

 

猫がボケたような行動を取ってしまう前に

色々な対策をすることができます。

 

認知症のような症状が出てしまうのは

大体15歳ぐらいの頃からとされています。

 

したがって、

そのような年齢になる前に

色々な予防をしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

▶︎老猫の睡眠時間について!痙攣や下痢・夜泣きが心配です

 

高齢の猫は嘔吐を繰り返す?

 

また、

猫が高齢になった時に

嘔吐を繰り返してしまうことがあります。

 

食事をしたり、

トイレをした後に嘔吐をするようになった場合は

すぐに獣医に診断してもらいましょう。

 

たとえば、

腎不全が発見されることがあります。

 

猫はさまざまな病気が

原因となって嘔吐してしまうことがあります。

 

腎不全以外の理由としては、

急性胃炎になってしまい、

それによって嘔吐するケースがあります。

 

どのような原因であったとしても、

きちんと獣医に見てもらって、

治療を受けることが大切です。

 

猫が普段とは異なる行動を取った時には

病気にかかっている可能性があるため、

気をつけましょう。

 

さまざまな変化を見逃さないようにしてください。

 

そして、

猫が高齢になっても元気で生きていけるようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ