猫の認知症の症状はDISHA(ディーシャ)!治療や効果的な予防法は?

スポンサーリンク

人間ばかりでなく、ペットも認知症に罹るということは、近年、知られるようになりました。

特に犬については、夜鳴きや徘徊など、飼い主を困らせる行動が伴うため、広く知られているようです。

しかし、猫に関しては、未だに「猫はボケない」という認識がなされているのではないでしょうか?

猫も認知症に罹るのでしょうか?どのような症状が見られるのでしょうか?

cat

長寿によって加齢が原因の病気の発症が増えている

医学の進歩や飼育環境の向上などによって、猫の寿命は大きく伸びています。

それに伴って生じるのが、加齢による疾病。

認知症も、その一つです。英国の研究機関によると、11歳から14歳までの飼い猫の28%、15歳以上の猫の50%以上が、加齢による行動障害を少なくとも1つ以上は発症していると発表しています。

認知症とは、一度発達した脳細胞が何らかの原因で減少し、かつてはできていた行動ができなくなる状態です。

人間では、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症が三大認知症と言われています。

人間のアルツハイマー型認知症と同じ、脳内病変が猫にも見られたという報告もなされています。

発症年齢は、猫の大きさや猫種によってまちまちですが、おおむね7歳を過ぎた頃から徐々に発症するようだと言われています。

▶︎雑種の猫の寿命は血統書の猫よりも長いのか?

主な症状はDISHA(ディーシャ)

猫の認知症の徴候にはさまざまなものがありますが、多くの症例に共通して見られるのは、「DISHA(ディーシャ)」と呼ばれています。

Dは見当識障害。

見当識とは、自分が置かれている状況への認識です。

これが障害されると、よく知っているはずの所で迷子になります。意味もなくうろうろしていたり、ドアの前で立ちすくんだりしていることがあります。

Iは関わり方の変化。

飼い主に対して、それまでとは違った態度を示すようになります。

愛嬌がなくなったり、攻撃性を示したり、逆に過剰に愛情を求めるようになったりします。

Sは睡眠覚醒周期のこと。

最も多いのは、昼間の睡眠時間が増えて、夜間に徘徊したり、夜鳴きがひどくなったりするというパターンです。猫では気づきにくいことが多いかもしれません。

Hは排泄の失敗のこと。

今までできていたトイレを急に失敗するようになります。

Aは活動性の変化。

遊びに興味がなくなったり、昔ほど毛づくろいをしなくなったりします。逆に病的に同じ場所を舐めることもあります。

スポンサーリンク

▶︎チンチラの平均寿命は?猫の中でも長い方なのか?

治療および予防法

1.薬物療法。

基本的に認知症に対する特効薬はありません。

ただし、脳内におけるドーパミン生成量を増やすアニプリールという薬が、認知症の軽減に効果があると言われています。

この薬は、人間のアルツハイマー型認知症の患者に投与されることもあります。

2.食餌療法。

抗酸化物質を含んだ食餌が、アルツハイマー型認知症を予防すると言われています。

3.ストレスの軽減。

ストレスは、脳内における酸化物質の蓄積を促進する危険性があるため、できるだけストレスフリーな生活環境を整えてやることが、悪化防止策でもあり、予防策でもあります。

また、粗相をしても叱らない、嫌がっているのに無理に撫でようとしないなど、猫に合わせた生活スタイルを作ることも大切です。

▶︎猫の良性の腫瘍の症状は?手術した際の余命と費用は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ