猫が甲状腺機能亢進症!寿命はどれ位?症状や治療法について

スポンサーリンク

甲状腺機能亢進症は高齢の猫に起こりやすい病気です。

命にかかわることもある病気のようですが、どういった症状や原因があるのでしょうか。

症状や治療法についてまとめました。

cat

猫の甲状腺機能亢進症、症状とは?

甲状腺機能亢進症とは甲状腺のホルモンが過剰に分泌されて起こります。

甲状腺は喉のあたりにある器官で、ここから分泌される甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を促進させる働きがあります。

甲状腺機能亢進症は甲状腺が肥大化し、このホルモンが過剰に分泌されている状態を指します。

その結果、動きが活発になり、食欲が増して、一見すると病気には見えません。

しかし、たくさん食べる割には体重が減り、嘔吐や下痢が多く、毛艶も悪くなります。

水をたくさん飲み、尿の量も増えるようになります。

また、攻撃的になり、落ち着きがなくなるといった、性格面での変化もあります。

短期的に見ると元気になっているように見えますが、そのうち元気がなくなってきて今度は食欲も落ちてきます。

甲状腺ホルモンは全身に影響するもので、当然、病気のときも全身に影響を及ぼします。

特に心筋症や不整脈といった心臓病になりやすいです。

病気の原因は甲状腺ホルモン剤の過剰投与や甲状腺がんなどが考えられますが、基本的には原因はよくわかっていません。

日本では10歳以上の高齢猫に多いので、注意が必要です。

スポンサーリンク

▶︎猫の花粉症の対策や治療法は?猫も涙や鼻水を垂らすのか?

猫の甲状腺機能亢進症の治療法は? 寿命は?

治療法には内科療法と外科療法があります。

まず取られるのは内科療法です。

高齢の猫が多いので、体力的に外科手術が難しいこともあるからです。

内科療法では抗甲状腺薬というホルモンを調節する薬を使います。

内服薬ですが、症状によっては飲むことが難しいこともあります。

そのときは獣医師に相談しましょう。

外科療法では異常のある甲状腺を手術で取り除きます。

左右両方の場合もあれば、片側ですむこともあります。

治療もしやすく、コントロールもしやすいので、早期発見早期治療をおこなえば天寿を全うすることも可能です。

異常が見られたら、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

▶︎猫の認知症の症状はDISHA(ディーシャ)!治療や効果的な予防法は?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ