猫の鳴き声が変!ガラガラと鳴く理由は?病気の可能性は?

スポンサーリンク

艶のある鳴き声を聞かせてくれていた愛猫が、ある日、突然、ガラガラと変な声で鳴くようになった!どこが悪いのか?

人間の言葉を猫がしゃべってくれたらと、もどかしい思いをする出来事です。

どのようなことが、理由として考えられるでしょうか?

cat

猫の鳴き声がガラガラの場合は病気の可能性がある

急な声枯れは、病気の可能性があります。

具合が悪いのは、主に喉と鼻。

くしゃみをしたり、鼻水が出たりしていないか、様子を観察しましょう。

考えられる病気としては、喉頭炎、気管虚脱、猫伝染性鼻気管炎が、あげられます。

喉頭炎は、喉に炎症が起きたことが原因で、気管支や鼻にも影響が出る病気です。

気管虚脱は、気管が通常よりも弱っている場合に罹る病気です。

声枯れが生じるだけでなく、咳が出るようになります。

猫伝染性鼻気管炎は、くしゃみや鼻水など、風邪と紛らわしい症状が現れる病気です。

猫伝染性鼻気管炎は、新しい環境で猫を迎えた場合に罹りやすいとされています。

くしゃみや鼻水の他にも、目ヤニやよだれが出ていないか、目ヤニやよだれに異常が見られないかを、観察しましょう。

鳴き声だけでなく、このようなところにも異常が見られたら、病気を疑って、動物病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク

▶︎猫の病気!お腹がパンパンに膨れるのはどんな病気が考えられる?

ストレスが溜まっている可能性がある

病気ではないかと心配して、動物病院に連れて行っても、診察の結果、どこも悪くないと言われることも、けっして珍しくありません。

特に悪いところが無いのに、いきなりガラガラと変な声で鳴くようになる理由は、ストレス。

猫は、デリケートな生き物です。ストレスに非常に敏感です。

新しい猫を迎えた場合、先に飼っていた猫が、ストレスを溜め込んでしまうということが多いようです。

お互いに舐めっこしていて、「すっかり打ち解けてくれたのね」と安心していると、実は、先に飼っていた猫が、ストレスを溜めていたということは、珍しくありません。

1匹で過ごす時間が増えているようなら、一層心配。

先住猫は、環境の変化を感じ、そのストレスから、変な鳴き声を出すようになります。

ストレスから声枯れが生じている場合、きっかけは、直前の出来事とは限りません。1~2週間前の出来事が原因ということもあります。

半月くらい遡って、猫にとってストレスが溜まる出来事が無かったかを確認してみましょう。

原因が分かったら、ストレスの元をなくしてあげましょう。

そのまま様子を見ていると、多くは、数日で元の艶のある鳴き声に戻ります。

なお、去勢手術がストレスになって、一時的にガラガラと変な声で鳴くこともあります

声枯れは、数日で徐々に治まります。

▶︎猫が痩せるのは病気の兆候?検索はどのタイミングで受けるべき?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ