猫が高齢になり水をよく飲んだり食欲が無く吐くようだったら要注意!

もし高齢になった猫が

たくさんの水を飲むようになったら

要注意です。

 

その猫は腎不全という

病気にかかっている

可能性があるからです。

 

腎臓は猫にとってとても大切な器官であり、

水分や栄養を回収して、

余計な物質を尿として排出するための

役割を果たしています。

 

スポンサーリンク

 

腎不全も考えられる?

 

の腎臓の機能が75%以上失われてしまうと、

その猫は腎不全になってしまったとされます。

 

特に高齢の猫で多いのは

慢性腎不全になってしまうことです。

 

水をたくさん飲んで、

さらに尿をたくさん出すようになったならば注意しましょう。

 

猫

 

腎不全は色々な原因によって引き起こされるため、

早期発見をしてすぐに治療をすることが大切です。

 

腎不全の目立った症状が現れるまでには

時間がかかってしまうため

早期発見がどうしても

遅れてしまいます。

 

慢性腎不全となってしまい

失われた腎臓機能は取り戻すことができないのです。

 

定期的に健康診断を

受けて尿検査をさせることによって、

早期発見できます。

 

スポンサーリンク

 

高齢になると病気も考えられる!?

 

また、

猫の食欲がなくなってしまい、

よく嘔吐するようになったら注意しましょう。

 

嘔吐する原因で最も多いのは食べ過ぎなのですが、

高齢の猫の場合は

色々な病気によって嘔吐してしまうことが多いのです。

 

慢性的に嘔吐や食欲不振が続く場合には

炎症性腸疾患の可能性があります。

 

この病気になってしまうと

徐々に猫は衰弱してしまうため、

特に高齢の猫にとっては

危険な状態となってしまいます。

 

また腎不全によっても、

嘔吐や食欲不振が起きてしまいます。

 

できるだけ猫を長生きさせたいならば、

特に高齢になった時に

きちんと健康診断を受けさせることが大切です。

 

そうすることによって、

早期発見できるため、

最悪の事態を避ける事ができます。

 

猫のことは常に気にかけてあげるようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ