猫風邪の治し方!くしゃみや鼻水が治らない時のとっておきの対処法

スポンサーリンク

猫が、くしゃみをしたら、風邪かもしれません。

鼻水を垂らしていたら、猫風邪です。

体調の変化に気づいたら、すぐに対処しましょう。

放置していると、重症化します。

kaze

猫風邪は、人間のインフルエンザ並み

猫風邪は、人間の病気で言うと、インフルエンザに例えられます。

自然治癒に任せていると、重症化することがあります。

軽く考えていると、怖い病気です。

治療をすぐに開始すると、約2週間ほどで治ります。

治し方は、感染したウイルスを特定することから、始まります。

猫風邪は、主に3種類のウイルスの、いずれかに感染して起きる病気です。

猫風邪の原因ウイルスとして、知られるのは、ヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアです。

原因のウイルスが判明したら、そのウイルスに合った、投薬治療が行われます。

ただし、薬は、ウイルスそのものには、効きません。

薬は、症状を抑え、猫の免疫力と体力の回復を、サポートします。

→猫の鳴き声が変!ガラガラと鳴く理由は?病気の可能性は?

 

薬と食事をしっかり与える

病院で、ウイルスに合った薬を処方されたら、まずは、薬をきちんと飲ませましょう。

薬を嫌がる時は、スプーンで水と一緒に、薬を流し込みます。

なかなか飲もうとしない時は、クリープと混ぜて与えると、意外と飲んでくれます。

猫風邪の治し方では、十分な栄養を摂ることが、大切です。

食事は、少量ずつ、回数を増やして与えましょう。

流動食が、適当です。

ペースト状の缶詰などを利用しても、良いでしょう。

手から与えると、食欲がない時も、食べてくれます。

スポンサーリンク

→猫の病気!お腹がパンパンに膨れるのはどんな病気が考えられる?

 

清潔と安静を保つ

食事を与える前には、目ヤニや鼻汁を、きれいに拭いてあげましょう。

ヘルペスウイルスに感染した場合は、目が開かなくなるほど、多量の目ヤニがこびりついていることが、少なくありません。

目ヤニに気づいたら、ぬるま湯に浸したコットンで、丁寧に拭き取ります。

目ヤニや鼻汁に触ったら、すぐに手は洗いましょう。

クラミジアに感染し、結膜炎を発症している場合、ヒトにも感染することが、あります。

猫風邪の治療中は、安静にさせます。

普段、散歩をしていても、風邪の治療中は、控えてください。

治し方で、特に注意が必要なことです。

猫風邪は、感染力が強いため、他の猫に感染する可能性があります。

多頭飼いの場合は、隔離することも、必要です。

 

→猫が痩せるのは病気の兆候?検索はどのタイミングで受けるべき?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ