猫の目やには病気が原因?黄色・白・茶色で何か違うのか?

cat

「うちの子は目やにが多い。病気じゃないかな」と心配したことのある愛猫家の人もいるかもしれません。

しかし、猫はもともと目やにが出やすい動物です。

スポンサーリンク

猫の目の病気と目やにの関係

猫は頭の大きさに比べて目がとても大きい動物です。

そのため、目に細かいゴミやほこりが付着しやすく、それを目やにとして排出する必要があります。

ですから、目やにが出やすいんです。

たとえば、寝ている間にコーヒーの出がらしのような、茶色っぽい褐色の目やにが少量目頭や目尻についているときは、普通のことなので心配する必要はありません。

湿らせたコットンなどで優しく拭ってあげましょう。

ただし、アルコールの入ったウェットティッシュは刺激になりますから、もし使用する場合はペット用や赤ちゃん用のものを使ってください。

問題は黄緑色や白いドロッとした目やにが出ている場合や、目やにの量が明らかに多い場合、片目だけ目やにが出ている場合です。

これらは感染症やケガの可能性が高いです。

スポンサーリンク

▶︎猫の認知症の症状は?予防する際の3つのポイント

目やにの状態から猫の病気を探る

目をケガしているときや、何らかの感染症にかかっているときは、目やにに膿が混ざります。

そのため、黄色、黄緑色、白といった粘液状の目やにが出るようになります。

たとえば、猫が最もかかりやすいといわれる病気に猫風邪があります。

この猫風邪でも白や黄緑色の目やにが両目から出るようになります。

猫の目やにで最も注意が必要なのは、黄色の目やにといわれます。

クラミジア感染症にかかると黄色の目やにが出ます。

現在ではクラミドフィラフェリス感染症とも呼ばれ、場合によっては命の危険もある怖い病気です。

まず片方の目から目やにが出始めますが、すぐにもう片方の目にも感染し、目やにが出るようになります。

鼻水、くしゃみ、咳といった猫風邪でも見られる症状が出ますので、目やにをよく観察し判断してください。

また、黄色い目やには目をケガしたときにも出やすいです。目のケガの場合は、片目から出ることが多いです。

ただし、病気が慢性化している場合は、片目のみから目やにが出る場合もあります。

▶︎犬・猫の花粉症に気をつけたい事は?食事で予防は可能?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ