猫の病気!腎臓病になりやすいのか!

猫の病気で
死因の上位にあげられるのは
腎臓病であると言われています。

スポンサーリンク

猫の肝臓病について

腎臓病には
急性腎臓病と
慢性腎臓病に分かれます。

Deutschland, München, Frau mit Katze auf der Couch

高齢の猫に多く見られるのは
慢性腎臓病です。

慢性の場合、
歳と共にジワジワと症状が進行していく為、
飼い主による発見が
出来ない場合が多いのも事実です。

元気が無い、
食欲が無い等の老猫の場合は、
老衰による症状であると
勘違いしやすいからでもあります。

猫に腎臓病が多い原因は、
特定されていません。

猫を飼っている人は
気がつく事もあると思いますが、
尿の臭いが他の動物と
比較した場合非常にキツイのも事実です。

もともと砂漠に生活していたとされている猫は、
少ない水分で生活する事が出来ます。

沢山水を飲む姿というのは、
日常的にもあまり見かけないのではないでしょうか。

水分をあまりとらない事で、
尿中の毒素が濃い状態で
排出されるのも事実です。

ペットとして
キャットフード等を食べている場合は、
水もある程度飲みます。

過剰摂取している状態が続いたら、
腎臓病以外にも病気の可能性が出てきます。

スポンサーリンク

猫の病気のサインは?

猫の腎臓病のサインとしては、
水分を多量に飲む、
オシッコが非常に多いの繰り返しが
特徴としてあげられます。

どちらも過剰になっている場合は、
早めに動物病院を受診しましょう。

腎臓病が悪化してくると、
下痢や嘔吐を繰り返すようになります。

口臭の悪化でも、
病気の存在が浮かび上がってきます。

あまりにも臭い口臭が続く時は、
注意が必要になります。

動物病院での治療方法は、
主に症状に合わせた投薬治療になります。

家庭でする事は、
腎臓病用のキャットフードに切り替える事です。

臓器に負担をかけない、
猫用の介護食として販売されていますし、
動物病院でも購入する事が出来ます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ