猫が痩せるのは病気の兆候?検索はどのタイミングで受けるべき?

スポンサーリンク

人間でもそうですが、ダイエットをしていないにもかかわらず、急に痩せてくると病気を疑うものです。

猫はダイエットが難しい動物といわれています。

痩せてきたときはちょっと注意が必要です。

cat

食欲不振から痩せてくる場合

最近、ご飯をあまり食べなくなったとか、見るからに元気がなく、痩せてきたという場合には以下の病気を疑いましょう。

【腎不全】

特に慢性腎不全の場合、初期症状が多飲多尿くらいで目立った症状がありません。

しかし、徐々に症状が進行していくと、食欲不振や頻繁な嘔吐で体重の減少が見られます。

【感染症】

たとえば、猫パルボウイルス、猫風邪、フィラリアといった感染症の多くでは、食欲不振が症状としてあらわれます。

【悪性腫瘍】

いわゆるガンのことです。腫瘍ができる部分にもよりますが、食欲不振から体重が落ちることが症状のひとつとして見られます。

スポンサーリンク

▶︎猫が甲状腺機能亢進症!寿命はどれ位?症状や治療法について

食欲はあるけど痩せてくる場合

食欲不振からくる痩せは何となくわかりますが、逆に食欲はあるけど痩せてくる場合もあります。

このケースでは特に、元気がよく見えるので病気の発見が遅れることもあり得ます。

【甲状腺機能亢進症】

ホルモン分泌をつかさどる甲状腺が異常活発を起こし、体に負担をかける病気です。

行動が活発になるため、一見して健康そうに見えますが、病気が進行するにつれて内臓に負担をかけることになります。

【糖尿病】

猫にも糖尿病があります。

食欲が増え、たくさん食べるにもかかわらず太らない、痩せているという場合には糖尿病の疑いもあります。

▶︎猫の良性の腫瘍の症状は?手術した際の余命と費用は?

いつ検査すればいいのか?

重要なのは、体重減少以外の症状です。食欲はあるのかないのか、くしゃみや鼻水などは出ていないか、嘔吐の頻度は増えていないか、おしっこの量はどうか、など普段と違う症状が出ている場合は、すぐに検査を受けた方がどんな病気でも治りやすいです。

普段から猫の様子を気にかけておいて、様子が違っているときにはすぐに検査を受けるようにしましょう。

また、人間と同じで高齢になるとどうしても病気をしがちになります。

種類にもよりますが、10歳以上になると定期的に検査で受けるというのも、選択肢のひとつになります。

▶︎猫の花粉症の対策や治療法は?猫も涙や鼻水を垂らすのか?


スポンサーリンク



→保険無加入だとペットの平均手術診療費は約15万1800円!保険料を1分で無料診断!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ